乗鞍岳(朝日岳) 3月24日 ~シーズン20日目~

3月24日 乗鞍BC 天気 曇り時々晴れ 気温 -1℃(ベース)~-9℃(トップ)

今週、来週と新潟方面の山を考えていたが、弱い冬型のため天気が怪しい。
乗鞍は晴れ間も望めそうなので、前倒しで乗鞍岳へ向かった。


160324_01.jpg
晴れ間は朝のうちとの予報なので、リフト始動を待っていたらいい時間を逃しそうだ。
どうせなら下から登ってみよう。
3時過ぎに自宅をでて、6時半に休暇村駐車場からハイクスタート。

リフトアクセスできる場所でリフトを使わないなんて、
ちょっと前の自分なら考えられなかった。
でも、最近はこういうのもやってみようと思うようになった。
軽い道具を手に入れた影響も大きいのだが。


160324_02.jpg
ガスはあるがしっかり山頂は見えているぞ!


160324_06.jpg
お~いい感じになってきた。


160324_07.jpg
ゲレンデトップまで最後のかもしかリフト。
ベースでは数センチの新雪があり、ゲレンデ内はすでに整備が終わっている。
きれいな圧雪斜面と新雪でシールがよくグリップする。
この急斜面もほぼ直登できた。
営業前のきれいな斜面でジグを切ったら申し訳ないしね。
 

160324_09.jpg
ゲレンデトップ。
自分にしては、まずまずの時間で到着。


160324_10.jpg
ツアーコースの入口。


160324_12.jpg
ツアーコースから先も先行者はないようで、ノートレース。
標高が上がるにつれて、新雪が増えて、ラッセルというほどではないが、新雪歩きを楽しむ。


160324_13.jpg
ベースの気温は-1℃でゲレンデは暑いくらいだったが、ツアーコース途中から風が出てきて寒くなる。
気づけば気温は-7℃。


160324_14.jpg
位ヶ原の分岐。


160324_15.jpg
位ヶ原の急斜面を登ると一気に風が強くなる。
向かい風と疲労でペースが落ちる。
ガスも出てきて、山頂方向は見渡せない。
どこまで行くかは、見てから決めようと思っていたので困った。
とりあえずは肩ノ小屋を目標にする。


160324_17.jpg
時々、ホワイトアウトするようになり、平衡感覚がおかしくなる。
撤退の文字がよぎる。ここまで、誰とも会っていない。
迷いと不安で後続来ないかなとたびたび振り返るが誰もこない。
ツアーコースに二つトレースが見えた気がしたが、ほかに向かったのだろうか。


2500mあたりからはさらにペースが落ちる。
気温-9℃で向かい風はなかなかの辛さ。
フェイスマスクとゴーグルで完全防備。
右足のつま先が冷えて痛い…意識して指先を動かす。
今季は1月、2月でもハイク中にここまで寒かったことはなかった。


160324_18.jpg
時折、山肌が見えるようになってきた。


160324_19.jpg
2700m越えたところから、ついに晴れ間がでるようになった。
肩ノ小屋を目指していたが、せっかくなので、どこかピークを踏もう。


160324_20.jpg
右のピークが朝日岳だろうか。
朝日岳に目標を変える。
視界が開けたときに振り返ると、ゴマ粒ほどの人影が見える。
一組は摩利支天か富士見岳へ向かっているようだ。


160324_21.jpg
稜線にでたら爆風かと思ったが、風は弱まってきた。
シュカブラ帯をスキーで登り詰める。


160324_22.jpg
きれいなシュカブラ。


160324_23.jpg
山頂手前は全面クラスト、スキーでも行けなくはなさそうだが、安全策でアイゼンに履き替える。
3000mはやっぱりつらい。足は激重。


160324_25.jpg
朝日岳2975m登頂。


160324_26.jpg
いざ登頂すると、再び、ガスがでて視界不良。
初めての場所で視界不良はつらい。


160324_27.jpg
剣ヶ峰方向。
右はお鉢状になっているみたい。一瞬見えた。


160324_28.jpg
わずかなタイミングを見計らって、剣ヶ峰のコルからドロップ。
しばらくはガリガリと新雪のミックス。
中間からは吹きだまっていてクリーミーな新雪。


160324_29.jpg
単独のスキーヤーが肩ノ小屋へ向けて登ってきた。


160324_30.jpg
山頂を振り返るが、雲の中。


160324_31.jpg
ツアーコースからは雪が重くなってきたが、まだ滑りやすかった。
ゲレンデは完全に春スキーモード。なんとものどかな雰囲気。
何時間もかけて登ったが、滑れば山頂から駐車場までわずか20分。
樹林帯やブッシュがないので、滑走はとても快適。

乗鞍は今シーズン、もう一回来たいとおもうが、次は素直にリフト使おう(笑)

ヤマレコはこちら

富士山(宝永山) 3月17日 ~シーズン19日目~

3月17日 宝永山 天気 快晴 気温 0℃

今週は子供を病院に連れていく任務のため雪山をあきらめていた。
だが、そこはあきらめの悪い私…ふと思いついた!!
近くに富士山と言ういい雪山があるじゃないか!?
富士山なら1時間ちょっとで帰ってこられる。
10時前に東京の自宅に戻るには…逆算して深夜1時前東京出発。


160317_02.jpg
スカイラインのトンネル脇の駐車地には既に車が三台。



160317_01.jpg
今季は富士山ももれなく少雪とみられるが、前々日あたりに降雪があった。
雪は駐車地からつながっており、登山者やスキーのトレースに従ってシールでスタート。
そういえば、ヘッドライトは非常用に持っていたが、実際に使うのは初めてだ。


160317_03.jpg
振り返ると御殿場市街の夜景。手持ちでは難しい。
夜景や星空、朝焼けのために三脚を持ってきていたが、結局、車に置いてきてしまった。
頑張って持ってくれば良かったかな。

この時期の富士山なら雪面はカチカチでもおかしくないと思うが、気温は0℃、
数日前の新雪が若干クラストしている程度でその下は柔らかい。
先行者のヘッドライトがちらちらと3人分見える。ちょうど車の台数分だ。皆、単独のよう。

沢状地形を抜けると、御殿場口の登山道と一度合流した模様。
暗闇と雪で登山道ははっきりしないが、道標の反射板が自分のヘッドライトの光によってキラキラと光っている。


160317_05.jpg
5時ごろ、東の空が白みはじめた。


160317_06.jpg
2000m手前で登山道を左にそれて宝永山山頂を目指す。
雪さえあれば、進路は自由。
斜度がきつくなりクランポンを装着。
2200mあたりで直登が厳しくなりジグをきる。
藪など邪魔するものは一切ない。大斜面を自由に歩ける。
富士山ならではだ。


160317_09.jpg
明るくなって富士山山頂と宝永山がはっきり見えた。


160317_10.jpg
このペースなら予定よりだいぶ早いし、なんなら富士山山頂も余裕だな…なんて思うがそれは大きな間違い。
近くに見えてしまう富士山マジック。
いくら登っても景色は変わらず、ゴールは近づかない。


160317_13.jpg
モルゲンロートが始まった。


160317_14.jpg
富士山山頂が徐々に赤く染まる。


160317_11.jpg
6時前、日の出。


160317_12 (1024x683)
シュカブラはそれほど大きくないので登高に支障なし。


160317_15.jpg
宝永山山頂へは右から大きく回り込む。下からはどこに山頂標があるかわからない。
最後は回り込むのが面倒になり、雪庇を乗り越えた。


160317_17.jpg
宝永山山頂。


160317_22.jpg
富士山山頂と宝永火口。


160317_21.jpg
間近に見る宝永火口はなかなかの迫力。


160317_19.jpg
相模湾に…


160317_18.jpg
駿河湾!!


160317_20.jpg
ひとしきり景色を楽しみ、写真を撮ったら急いで下山だ。
山頂より滑走開始。

登りの時点である程度の苦行になることは予想していたが…やっぱりひどいモナカだった。
山頂直下はまだ板を回せたが、すぐにどうにもならなくなる。
しかも雪質はスイカの縦縞のように短い間隔で激しく変化する。
ワンターン中に何度も変化する雪質に対応しきれず、2,3度転倒。滑走でこんなに転倒するのは久しぶり。
最後は本当にどうにもならず、斜滑降の連続。西寄りに一度移動してみたが、無駄だった。

陽が出てからどんどん気温が上がっていたので、昼頃には滑りやすくなったのだろう。
入れかわりでボーダーが登ってきたが、彼らはいい思いをしたかもしれない。
30分で下山できるつもりでいたが、モナカ雪に苦しめられ大きく予定を20分オーバー。
車に戻ったら、急いで片づけて8時半には現地発、渋滞はなく1時間少々で自宅に戻れた。


160317_24.jpg
子供の病院の待合室から。
ほんの数時間前まであそこにいたとは、何とも不思議な感覚。

家ノ串山 3月10日 ~シーズン18日目~

3月11日 家の串 西俣沢 天気 晴れ時々くもり 気温 3℃~-8℃

今日もどこに行くか迷いに迷う。
谷川岳の芝倉沢も狙っていたが、先日の高温で融雪が激しそうな上、新しい情報もない。
ここがだめなら谷川岳へ向かうつもりで、武尊牧場下の西俣沢へ行ってみる。
しかし、片品周辺に積雪はほぼ皆無。
スキー場下に来ても周辺には雪がなく引き返そうと思うほどだが、
とりあえず逢瀬橋に着いてみると林道には雪があり、北面の尾根には雪が付いていた。


160310_01.jpg
林道を進みながら、取り付ける斜面を探す。


160310_02.jpg
ここから上がる。


160310_03.jpg
低木やブッシュはそれほど気にならない。


160310_04.jpg


160310_05.jpg
ほたか牧場が見える。下は雪ない…。


160310_06.jpg
巨大な岩を巻く。


160310_07.jpg
1300mを越えると比較的平坦な尾根上に出た。
着雪した木々がきれい。


160310_07_01.jpg
ブナ林の快適な尾根歩きが続く。


160310_08.jpg
実に気持ちいい。来てよかった。


160310_10.jpg
1600m付近。開けたところに出る。ここだけ風が通る。


160310_11.jpg
帰りが楽しみな斜面。昨日の降雪のおかげで新雪パウダー。


160310_12.jpg
1700mを越えると徐々に尾根が狭くなり始める。


160310_13.jpg
尾根のやや北側を行くが、ブッシュがひどくなってきた。
トラバース気味にあがるので、足の負担もきつい。


160310_14.jpg
至仏山。今年は行けるだろうか。GWには雪なさそう。


160310_15.jpg
ひたすら藪漕ぎが続く。ここの区間でだいぶ時間をとられる。


160310_16.jpg
1840m付近。小ピークを巻いたところで尾根上に出た。


160310_17.jpg
前武尊と剣ヶ峰。


160310_18.jpg
尾根上は雪庇によるアップダウンが激しい。乗り越えて下るとスキーのトップが刺さって埋まる。
フルロッカーのファットなら大丈夫そうだが、今日は細板のウェイバック。
日射を受けて重くなった雪でダブルパンチ。


160310_19.jpg
嫌になってきたが、北面はブッシュがひどい。仕方なく雪庇下の南側を行くが雪が柔らかい。



160310_20.jpg
急斜面では足元緩いのと、雪庇が落ちても困るので、再び雪庇を行く。


160310_21.jpg
が、障害物競争に耐えきれず、再び南面へ。やっぱり足元切れる。


160310_22.jpg
2度、3度足元流されながらも南面を突破して行く。


160310_23.jpg
家の串山頂へは登れそうな斜面ではない。


160310_24.jpg
荒砥沢。ここから見ると結構な急斜面に見える。雪崩事故があったのは、あの尾根上のところだろうね。


160310_25.jpg
トラバースして中ノ岳との鞍部へ出よう。武尊山か中ノ岳まで行ってみようか。


160310_26.jpg
古いデブリが埋まっている。この先はさらにきわどいトラバースが続き、心身ともに疲労。
もちろん写真撮る余裕なし。


160310_29.jpg
やっと安全地帯。北面の西俣沢源頭部。いい雪が残っている。


160310_30.jpg
トラバースに時間がかかった。武尊山はやめてここを滑って帰ろう。
ただ、このままだとゴール感がない。進路変更して家の串山頂をゴールにしよう。


160310_32.jpg
急斜面を登りあげて、家の串山頂2103m。
山頂からは武尊山、前武尊、川場剣ヶ峰を見渡せたが、今日はどこも人の気配なし。
天気は心配だったがこのまま持ってくれそうだ。


160310_31.jpg
前武尊と剣ヶ峰。


160310_34.jpg
川場剣ヶ峰。


160310_35.jpg
武尊山。川場谷滑走も狙っていたが、今季はもうチャンスはなさそうだ。


160310_37.jpg
さあ、ここから滑走開始。
暖冬の2016年。3月にしぶとくパウダーゲット!!


160310_38.jpg
寒くなってきた。朝の出発時3℃だったのに、気付いたら気温-8℃。


160310_39.jpg
西俣沢まで滑り込んでしまうと2月のように大変なことになってしまうので、早めにトラバースして元来た尾根にもどる。


160310_40.jpg
そろそろ登り返しかなと思っていたら巨岩出現。谷側は雪もついていないので、ここから登り返す。


160310_42.jpg
岩を巻いたら、シールでほぼ平行移動。
もう一度、登り返しになったら面倒なので、長めにシール歩行したが、
もっと早くに滑走に入っても元のルートには復帰できただろう。


160310_44.jpg
下の方はだんだん雪が重くなり、モナカも出現。
樹間もせまいので、まともにターンできず、ほとんど横滑りで下山。
それでも最後は車の上まで滑ってこれて、登り返しは一度のみで高度もわずか。
2月の西俣沢を下って、急斜面登り返しと林道歩きと比べれば、こちらの方が断然楽だった。
また、来てみたいと思うルートだった。

谷川岳 3月3日 ~シーズン17日目~

3月3日 谷川岳 天気 晴れのち小雪 気温 0℃

8時前に駐車場に着くといつもより車は多い。
それも山に入りそうな人達ばかりだ。
2度、3度と撤退している谷川岳…なんか心強いぞ。


160303_01.jpg
いつもの平日ならすんなり乗れるロープウェイは少し並んで乗車。
スノーボードのグループが大半をしめているようで、某スクール校長がいる。
何かイベントがあるのだろうか。
かぐらでよく見かけるガイドさんもいるぞ。

天神峠リフトで一気に尾根上へ。
まとまった降雪は前々日にあった。
斜面には昨日の祭りの後がたくさん。


160303_02.jpg
尾根に上がると谷川岳が一望できる。


160303_03.jpg
肩の広場には既にシュプールが一本。
昨日の?それとも今日の?
雪の状態はまだ良さそうだ。


160303_04.jpg
出だしは板を履いて少し滑って行く。
続々と人が入っていく。


160303_05.jpg
大半のボーダーは歩き始めて早々に西黒沢へ向かって、
滑り込んでいった。

例の下りのいやなポイントは数名の順番待ち。
スキーヤーが1名シールのまま滑って行った。
う~ん、私には無理!!
もっと積雪あれば可能だが、今年は雪が少なすぎる。
ガイドのパーティが追いついてきたので、先に行ってもらう。
せっかくなので、後ろをついてプロの技を盗もう(笑)
板を外して肩に担ぎ、ウィペットで左の雪壁を差しながら降りる。
1月よりは雪は増えて降りやすかった。


160303_06.jpg
避難小屋を過ぎると急登となる。
今日は雪が柔らかく、シールの食いつきもいい。
所々、ジグを切りながら、スキーで登っていく。
ガイドさんは避難小屋でピットチェックをしている模様。
ずっとくっついて行こうと思ったのに残念。


160303_07.jpg
10時を過ぎて、山頂方向より雲が出始めた。
ヤマテンの予報通り、午後から崩れそうだ。


160303_08.jpg
マナイタグラ。


160303_09.jpg
天神尾根を振り返る。
風はほとんどなく、日射も暑い。
登り始めて、まだ、1時間あまりだが、いつもより息が上がる気がする。


160303_10.jpg
一部、クラストしているところが出始めてくる。


160303_11.jpg
いいねぇ。


160303_12.jpg
風が吹き始め雪も舞う。
斜面のクラストが強くなるが、クトーが効きそうなので直登していたらスリップ!!
ウィペットで助かる。
板を強く蹴りこみ、クラストを壊しながら登る。
肩の小屋手前からはまた雪が柔らかくなる。


160303_13.jpg
ボーダーがドロップするようだ。
見物に行ってみる。


160303_15.jpg
これがおそらく四ノ沢だろう。
既に数本のシュプールがあり、見る限り雪は良さそう。
実際に見てみると、なんだか行けそうな気がしてくる。
今日の条件なら技術的な問題はなさそう。
やってみたい衝動にかられる…。
いやいや、ダメダメ!!
こういう時、人間って家族の顔が脳裏をよぎるのね。


160303_14.jpg
トマノ耳には人影がふたり。
さあ、天気は下り坂。
さっさと山頂踏んでこよう。
ボーダーは滑走前のイメージトレーニング中?
邪魔しちゃ行けない。
再び登り始めて間もなく、振りかえるとドロップしていた。


160303_16.jpg
肩ノ小屋。


160303_17.jpg
もう少し。


160303_18.jpg
トマノ耳。


160303_19.jpg
オキノ耳。
本当は天気が良ければ、芝倉沢と思っていたが、
天気の保証がないのでこのまま下山しよう。
しかも、今日は3月3日、娘の初節句だ。


160303_20.jpg
次々と行くようだ。


160303_21.jpg
風が強いので、山頂で簡単に滑走の準備をして肩ノ小屋へ。
せっかくなので寄ってみる。
風のない小屋できちんと滑走準備を整える。

四ノ沢のドロップポイントへもう一度行ってみる。
絶好のチャンスと悪魔のささやきが聞こえるが、
核心部がどうなっているかわからない。
相当な人が入ったので、ガリガリになっているかもしれない。
初めての谷川岳。
肩の広場も西黒沢も滑ったことない。
物には順次がある。
あきらめて肩の広場を飛ばす。
ガスが若干かかっていてターンのタイミングが、
ややつかみにくかったが大斜面を堪能できた。

西黒沢源頭あたりからは日中の日差しの影響を受けて重そうだ。
ここも行くか迷ったが、無難に熊穴沢を回ることにする。


160303_22.jpg
既にシュプールはあるが、雪はいい。
西黒沢へと滑りこむ。


160303_23.jpg
西黒沢はクラック多数ある。
朝はきれいに見えたので、今日できたのかも。


160303_24.jpg
沢底は重々。
多数の滑走跡があり、ジェットコースター状態。
1月よりは藪は少なく、楽にコースに復帰できた。

12時過ぎには下山して、15時前には自宅着。
娘の初節句も無事に終了。
数年越しの初登頂だったが、今回は条件良くて割りとすんなり登れた。
また挑戦して、徐々に難度をあげていこう。

かぐら 2月25日 ~シーズン16日目~


2月25日 かぐらBC 天気 小雪のち晴れ 気温 -10℃

ヤマレコはこちら。

160225_33.jpg

武尊山で初めてのルートに挑戦するか、安心確実なかぐらにするか、
熟考しながら関越を北上する。
今季は雪が少ない上、情報がほとんどないのが不安要素。
行けばなんとかなるさと、根拠のない自信に惑わされるが、
雲がかかった山を見て、かぐらに決める。
回復予報の天気だが、初めての場所で視界不良は怖い。

昨日から降雪あったが、ゲレンデ内は底付きがある。
ジャイアント、ツリーラン、5ロマを一本滑ってBCエリアへ。


160225_01.jpg
多くのガイドツアーやパーティーで賑わうゲート付近。
すでに何組か出発している。


160225_04.jpg
今日はトレースいっぱいありと思ったら、なぜか私の進路にはトレースない…。
トレースは神楽ヶ峰と中尾根直登ルートのよう。
今日は素直に中尾根ピークを経由するつもりだったので、すぐにラッセル開始。
中尾根に行けばトレースあるかと思ったが、トレースなし。


160225_05.jpg
中尾根を越える。いい具合に積雪あって、シール滑走も問題なし。
中尾根から先は雪がやや深くなり、ラッセルは膝下くらい。
結局、この日は一日フルラッセル。
北斜面お先に一本やってから三角へ行くか迷ったが、体力あるうちにと思い予定通り三角を目指す。


160225_06.jpg
三角の急登へ取り付く。ピークはガスで見えない。
ガスっていると三角は滑りにくい。
が、今年は雪が少ないので、木がいつもより多く、いい目標になりそうだ。


160225_07.jpg
あの木の奥あたりを滑ろうか…滑走ラインを考えながら登る。


160225_08.jpg
急登の半分くらいのところで下を振り返る。
稜線上の雪庇は少なく、比較的平坦だ。
雪は柔らかいので、クトーも必要ない。
シールのみで登っていける。
きれいな滑走斜面を登りのトレースで汚したくないので、稜線上で細かくジグをきる。
後続は来なそうだし、ひとりなら関係ないのだが、なんとなくね。


160225_09.jpg
ピーク到着。
滑走準備しながら、ガスが晴れないかしばし待ってみる。


160225_10.jpg
視界はこんな感じ…見えなくはないんだが、前半の斜面変化がわかりづらいんだよね。
時間がもったいないので、若干のガスの中、ドロップ。
案の定、出だしの斜面のウネリでバランスを崩しかけた。
中間からは視界も良くなり、ばっちり決まる。


160225_12.jpg
三角は南向きで、すぐに雪は重くなるが、今日は今まででベストなくらいいい雪だった。
当然、もう一本行きたくなるが、やはりガスが掛かり気味。



160225_13.jpg
中尾根に戻ることとにする。
稜線までトラバース気味に上がっていく。





160225_14.jpg
人の多い休日にこの斜面をトラバースしてたらひんしゅくだな。
でも、今日は誰もいない。独り占め。


160225_15.jpg
時折、雲の合間から薄日が差すようになる。


160225_16.jpg
いいなぁ。静かだなぁ。
風なし、気温は低い、雪も軽い。
快晴もいいけど、日射の影響を受けないうす曇りが一番いいよね。


160225_18.jpg
稜線で自分のトレースに乗る。



160225_19.jpg
北斜面はやはりシュプールが多い。
ラインを選べばまだ行けそう。


160225_19_1.jpg
沢状地形を回り込んでここから行く。
距離は短かったが、オーバーヘッド。


160225_20.jpg
樹林帯から登り返す。
三角の斜面が見通せるようになった。


160225_22.jpg
だいぶ晴れてきた。


160225_23.jpg
霧ノ塔方面。


160225_24.jpg
あの辺は見てるといつも滑りたくなるけど、条件が難しそう。


160225_26.jpg
晴れるならもう一本、三角行きたかったな。


160225_25.jpg
いや~何度見みてもいい(笑)
登り返しを考えて、中間から右に行ってしまったが、
もう少し左に滑っていれば、もっとかっこ良かったな。


160225_27.jpg
北斜面2本目はここから。


160225_28.jpg
最後は中尾根上に登り返して南斜面へ。


160225_29.jpg
雪はまだ良さそうだが、下の方は五ロマから回ってきたトレースでガタガタ。


160225_30.jpg
では、四本目はここから!
陽が出たのは遅かったので、雪はまだいい。
シュプールだらけなのは覚悟したが、落ち込みの先に5ロマから深く硬いトラバースラインが伸びていた!!
あやうく吹っ飛びそうになる。


160225_31.jpg
リフトからあそこをトラバースするのは勘弁してほしいな…。
毎年、雪崩やクラックのはいるところで危ないと思うけど。


今日はもしかしたら、シーズン最後のパウダーか⁉
例年なら3月でも期待できるが、今年はもうダメな気が…。