かぐらスキー場 4月4日 ~シーズン24日目~

4月4日 かぐら 天候 晴れ 気温6℃

朝、仕事の関係で、いつもより2時間遅れで東京出発
関東側は晴れていたが、
関越トンネルを抜けたら雨

みつまた駐車場は小雨にややガス…
かぐらのHPの予報ではこんなはずじゃ…


かぐらへは11時頃到着。
メインはガスで何も見えんが、
とにかく上に行ってみる…


130404_ichikou2.jpg
あららら…


130404_ichikou3.jpg
んっ!


130404_ichikou4.jpg
およよっ!


130404_ichikou5.jpg
うっひゃ~!!

真っ白けから突然視界が晴れ、
思わず声をあげてしまう。

ゴンドラ乗車中、
「ゴロマ運転してますよ~」
ってアナウンスしていたので、
まさかと思ったらこのサプライズ。

迷わずゴロマへ。


130404_goroma1.jpg
一度、標高が下がるので、
また真っ白け。

しかし、しかし…


130404_goroma2.jpg
うひょ、ひょ、ひょ!!

本日、二度目の歓声。


130404_goroma3.jpg
木々には樹氷。
前日の降雪あり!!


130404_goroma5.jpg
眼下には雲海。


130404_goroma6.jpg
う~ん、最高!!


130404_goroma4.jpg
一本だけ、ゴロマを滑り、
すぐにハイクアップの準備。


130404_nakaone1.jpg
今週もまずは中尾根へ向けて出発。


130404_nakaone2.jpg
4月にして思わぬ新雪。
10~15㎝は積もっている。


130404_nakaone3.jpg
樹氷は本当に氷のよう。


130404_nakaone4.jpg
中尾根手前、パラパラとスキーヤーが降りてくる。
何でこんなとこ!?
と思っていると、上から板を流してしまったらしい



130404_nakaone5.jpg
中尾根ピーク到着。
下から歓声が聞こえてきた。
板が見つかったのでしょう。


130404_nakaone7.jpg
中尾根からも雲海を楽しむ。
平標あたりは顔を出している。


130404_nakaone8.jpg
魚沼方面も雲の下。


130404_nakaone6.jpg
三角の急登を大人数のパーティーが登坂中。
ツアースキーのグループかな?

私も後を追う。


130404_sankaku1.jpg
新雪でパックされた急斜面はとても美味しそう。

今日はツアー的な趣で雁ヶ峰へ行こうと思ったが、
ノートラック新雪急斜面に心が揺らぐ…


130404_sankaku2.jpg
クラックには注意。


130404_sankaku3.jpg
最後の急登


130404_sankaku4.jpg
ピーク到着と共に、響き渡る轟音…
またもやスノーモービル。


130404_nakaone9.jpg
5台もいる
彼らの動向にドキドキしながら、
昼休憩。


130404_sankaku5.jpg
霧ノ塔方面にいたと思ったら、
ついにこっちまで来た

あわ、わっ、わっ!
これから私が滑るかもしれない斜面を…


130404_sankaku6.jpg
あ~あ…

左は完全にやられた。
右のトレースは先に降りたスキーヤーのもの。

とりあえず、雪質の安定性は証明してくれたかな…


130404_sankaku7.jpg
第一高速降り場。
だいぶ雲は取れてきたが、まだメインは雲の中のようだ。


130404_sankaku8.jpg
ゆっくり休憩したこともあって、
時間的にも雁ヶ峰はパスすることに。


130404_sankaku92.jpg
先行のスキーヤーと同じラインで行きますかな!


130404_sankaku91.jpg
表面は軽く凍っていて、とても板が走る!
少し腰が引けてしまった


130404_nakaone99.jpg
中尾根北斜面。
こんなところまで、スノーモービルは侵出。
スキーヤーにしたら勘弁してほしいが、
向こうにも楽しむ権利はあるってことでしょうか。

ちなみに、ここでプチ雪崩れ発生

写真には撮り忘れたが、
GoProには撮れたので、
後日アップ予定。

ゴンドラ降り場へ戻る頃には、
メインもいい天気に。


130404_rope.jpg
帰りのロープウェイでは、
停電で乗ったと思ったら降ろされるハプニング付き。




かぐらスキー場 3月28日 ~シーズン23日目~

3月28日 かぐら 天候 晴れ 気温 10℃

130328_topgazou.jpg

今週は2、3日前に降ったのみで、前日の降雪はなし。
板の選定に迷ったが、
気合でロッカー2とケオッズをかぐらまで持ってあがる。


まずは、ケオッズでメインを一本。
バーンは適度に柔らかく圧雪良好!!
かぐら名物アイスボールもなく、
快適な整地を楽しむ


130328_jaianto.jpg
次はジャイアントへ。
レースの大会があったのか?これからあるのか?
左半分は圧雪してあった。

腰の感触を確かめるためコブに入るが、
やはり思わしくない


130328_goromaminami.jpg
9時半に五ロマが始動。
南斜面は例年通り、大きなクラック。

田代側へ降りるが、雪は強烈なストップ雪。
常に足を緊張させて滑るため、
一本滑るとクタクタに…。

一度、ゴンドラ降り場へ戻り、
ロッカー2へ板をチェンジ。


130328_goromatop.jpg
10時半すぎ、五ロマトップからハイクアップ開始。
気温は10℃以上で、
準備の段階ですでに汗だく


130328_nakaone1.jpg
中尾根を目指す。


130328_nakaone2.jpg
同行者のkさん。
暑さとの戦い…
冬の寒さが恋しい。


130328_nakaone_top.jpg
中尾根ピークに30分程で到着。
早くも500mlのスポーツドリンク3本目に突入。


昨日、購入したばかりのタムロン 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZDを試す。
広角側でAFのピントの甘さが純正より出る気がするが、
カバーできる範囲の広さはとても便利。


130328_nakaone_taira.jpg
平標と仙ノ倉。


130328_nakaone_nippaku.jpg
この前に登った日白山かな。


130328_nakaone_naeba.jpg
苗場山。


130328_nakaone_ichikou.jpg
第一高速降り場。
無駄に望遠で引っ張って撮ってみる


130328_nakaone_tashiro.jpg
田代ガラガラだ…。


130328_naka_kita00.jpg
のんびり昼休憩後、
中尾根北斜面へ。


130328_naka_kita1.jpg
もしかしたら?と淡い期待を抱いて行ってみたが、
やっぱり強烈なストップ雪
でも、一応、ノートラック!?

下山後、かぐらレストランで休憩。
ビールの誘惑に負けそうになるが、
午後の滑走のためにぐっと我慢。
かわりに!?あまりの暑さに、
初めてソフトクリームなんぞ食べてみる。


130328_nakaone_ipponn.jpg
中尾根南斜面は随所にクラック発生。
一本木の下もクラック。

午後、この下あたりに長い時間留まった挙句、
南斜面の巨大なクラック下をトラバース気味に降りて行くグループ。

反対斜面よりパトロールに笛を吹かれ、
大声で怒られていた

BC初心者の私でさえ、
一目で危険地帯と判断つくのに、
なんとも大胆な行動だこと…


130328_tekunikaru.jpg
午後は再びケオッズに履き替え、
コブを中心に頑張る。
写真は朝一のテクニカル。

テクニカル、ジャイアント、メインと順番に入ってみたが、
溝に落ちて衝撃をもらうようなコブだと、
腰に痛みがでてしまい、踏ん張れない…。

早い動きもツライ

これから、コブのトップシーズンだが、
今年もだましだまし滑ることになりそう

かぐらスキー場 3月21日 ~シーズン22日目~

3月21日 かぐら 天候 雪のち晴れ 気温?(一日氷点下)

130321_goroma_topgazou.jpg


今週もいい感じに前夜から寒気が入った!
当然、狙うはかぐらの新雪
ただ、心配は風…

関越道、かぐらのHPをこまめにチェックしながら北上。

しかし、今日に限ってなかなか更新されない…
場合によっては、沼田で降りようと思っていたが、
先に着いてしまう。

リフト券売り場で状況を聞く。
田代とパノラマは運休決定で、
第一高速と五ロマは見合わせ中とのこと。

一瞬、苗場への変更案もよぎるが、
やっぱりかぐらの新雪を滑りたい!!

天候回復予報を信じて、
かぐら行きを決行!!

みつまた、風はない。
ゴンドラライン、コース脇に新雪。
その好感触に、かぐらへの期待をさらに膨ませ、
ゴンドラ乗車。


moblog_ea98a7d2.jpg
かぐら到着。
一ロマ乗車。
風はテクニカルのコース上に差し掛かる所から、
強くなり、時折、リフト停止。

コンディションは先週とほぼ一緒。
風の当たるところは硬いバーンが顔をだしているが、
降雪量は先週よりいくらか深いようだ。

あっちへそっちへと3月の貴重な新雪を楽しむ。

雪は次第に降りやみ、青空も顔をだすように。
しかし、風は変わらず強い…
一高の乗り場を見やるも、
搬器が出てくる気配はない。

11時前、さすがに一ロマだけだと、滑りつくしてしまい、
かぐらレストランで早めに昼食をとることに。

ところが、厨房にチケットを渡した所で、
搬器が出始めた!!

なんてバッドタイミング

130321_kaguraranchi.jpg
せっかくのローストビーフだったが、
味わう余裕なく、慌てて胃袋へ詰め込む

画像はかぐらHPから。
てか、シューアイス付きとあるが、
シューアイスなんて付いてなかったぞ!!

20分少々で休憩を終わらせ、
ゲレンデへ

ちょうど、ネットが開いたところだった。
待ちに待った第一高速へ乗り込む。

一本目はもちろんジャイアントでノートラックゲット!!
二本目は運休のパノラマを荒らしてツリーラン!!
三本目は…自粛…

降雪量は15㎝くらい?
吹き溜まっているところはそれ以上あった。


130321_goroma_rifutonoriba.jpg
そして、13時すぎ、ついに五ロマ始動!!
今日はあきらめた人が多かったのか、
競争率低し。


130321_goroma_rifuto.jpg
このムフフな斜面


130321_goroma_sinsetu.jpg
ヨダレ!ヨダレ!


130321_goroma_yoko.jpg
使用前。


130321_goroma_kawa.jpg
使用後。

競争率低いといっても、
わずか3本目くらいでこんな感じに。


130321_nakaonehe.jpg
14時、五ロマはまだまだ楽しめたが、
フィニッシュを決めるべく中尾根を目指す。


130321_nakaonehe2.jpg
柔らかい新雪の上を歩ける幸せ


130321_nakaonepeak.jpg
が、ピークに着いた途端にガスがぁ
毎度、毎度、かぐらの山に呪われている!?


130321_nakaonedrop.jpg
でも、良かった。
ドロップポイントへ移動したら視界が晴れた。


130321_nakaonesaigo.jpg
一本木横をかっとぶ。
3月にしては極上の新雪を頂いた

下の方のラインは、
五ロマからトラバース、
またはツボ足でハイクした人達のライン


130321_nakaonesaigo2.jpg
向かって左のラインが自分かな?


130321_nakaonekurakku.jpg
こっちは危ないと思うが、
トラバースと滑走したラインがある。
もう雪崩れた後だから大丈夫か!?


130321_main.jpg
中尾根からの帰り、下部だけ滑ったメインゲレンデ。

今週もあとは一度も滑らなったけど
最後に感謝の意を込めて写真撮影。

13時を過ぎてから五ロマを動かしてくれたスキー場にも感謝
他のスキー場だと、そのまま一日運休にされてしまいそうな状況だったが、
我々の期待に応えてくれるところは、
さすがかぐら!!

異常な気温上昇が続く今年の3月。
そんな中で楽しめた新雪
大満足でかぐらを後に

平標山BC 3月15日 ~シーズン21日目~

3月15日 平標山 天候 快晴  気温 -6℃(朝、湯沢)

130315_taira3.jpg


前日はかぐらで新雪を堪能して湯沢泊。
居酒屋で飲みながら、明日の予定を検討したが、
結論がでなかった。

悩みの種は2月の撤退以来、引っかかっている平標山。

翌15日、予報通りの快晴!!

とりあえず、かぐらへ向かう…
とりあえず、コンビニで行動食を買う…
とりあえず、みつまた駐車場へ入る…

駐車場でしばらく悩む…

かぐらは昨日の新雪がまだ残っているはずだし、
登るのも良いはず。

平標を登るにはまだ力量が足りない気がするが、
天候はこれ以上ないほど安定している。

いつ登るか!?
今でしょ!!

ってことで、再挑戦を決意し、
みつまた駐車場を後に平標を目指す


130315_taira.jpg
林道は前日の積雪があり、シール歩行。
前回の教訓から、ゆっくりめでスタート。


130315_taira1.jpg
だんだんと近づいてくる平標。
傾斜はゆるくまだまだ余裕…この時はね…。


130315_yakai1.jpg
やっぱりだいぶ雪崩れている。


130315_yakai3.jpg
この辺りは滑走できそうか?


130315_yakai2.jpg
ここがいいかも!!

などと、ヤカイ沢の急斜面を、
攻める気満々で登っていた…この時はね…。


昨日の冷え込みでカチコチとなった雪面。
進むにつれ、徐々に傾斜はきつくなる。
それに合わせて、シール登行の難度も上昇。

新雪が乗っている面をうまく選びながら、
登って行く。

しかし、ついに…


130315_katsuraku.jpg
最初のアクシデント

ヒルクライムサポートを調整しようとしてバランスを崩し、
板がスリップ

頭を谷側にして滑落!!

カチコチのアイスバーン!!

止まらない

7、8メートル!?
いやもっと落ちたかも…

何もない所だったので良かったが、
細尾根や崖だったらと思うと…。


130315_kyuusha.jpg
尾根に取りつき、さらに傾斜が増す。
慎重に登っていても、スリップダウンを繰り返す。

一度こけると、起き上がるためには、
腰に負担がとてもかかる。
体力をかなり消耗する


シール登行をあきらめ、
板を担ぎ、ツボ足に変更する。

キックステップで足場を作りながら、
何とか登っていく。

陽が高くなり、雪面も場所によっては緩み始めた。
シールでいけると思い、
途中で変更するも、甘かった…。

再びツボ足で頑張るが、
油断すれば滑落しそうな状況に、
撤退の文字が頭をよぎる。

結局、稜線に出るまでの急斜面で、
予想以上に時間と体力を消費してしまう


130315_ryosen.jpg
稜線にでて、やっとひと息…。
ここからはシールで登る。

しかし、脚が重い…。
山頂は目の前に見えているのに、
なかなか到達しない。

最後は息も絶え絶え


130315_sanchou.jpg
ついに山頂到達
苦しくても山頂に着くと、
登って良かったと思う。

雲なし!風なし!
まさに高気圧ど真ん中


130315_naeba_kagura.jpg
苗場山とかぐらスキー場。


130315_nippaku.jpg
先週、登った日白山かな?


130315_sennokura.jpg
仙ノ倉山。


130315_nishizen.jpg
西ゼン。
誰かひとり滑って行ったようだ。
実に気持ちよさそう。
いつかは挑戦したい。


130315_sanchoukarayakai.jpg
滑走ラインをどうしようかと、ヤカイ沢をのぞく。

何組かヤカイ沢を降りていて、
自分も当初は、行くつもりだった。

しかし、今の自分の残りの体力や雪の状態を考えると、
危険と判断

130315_gezan_ryosen_kassou.jpg
稜線沿いを降り、小屋手前の尾根沿いを行く。
稜線は板が走り、とても気持ち良かった。


130315_kamoshika1.jpg
尾根でカモシカ発見


130315_kamoshika2.jpg
急斜面を一直線に駆け下りていく。
動物ってすごい


林道に合流し無事に下山。


反省点と考察
コース取り…この日の雪の状況を考慮すると、急斜面を直登しすぎた。
      もっと右へ迂回するコースを選択した方が良かったと思う。

装備不足…アイゼン、来季には用意しよう!

板…ロッカー2はアイスバーンの登行では、太すぎてエッジが効きにくいかもしれない。
  あと、ビンディングも含めると重い。
  滑走も考えると、様々な雪質に出くわす春は、いわゆるオールマウンテン系の板がいいのかな?  

ブーツ…アルペンブーツの限界を感じる。靴ずれの問題もある。
    来季は兼用靴を買うかな!!

体力不足…オフトレ考えないと!

ヘルニア…これはどうしようもない!?



かぐらスキー場 3月14日 ~シーズン20日目~

3月14日 かぐら 天候 雪 気温-10℃!!(トップ)

今週は15日に休みをとり、
14、15日と今季最後となるであろう泊りでスキー!!

最近の気温の上昇にはげんなりしていたが、
前夜から寒気が入り、
かぐらは多少の降雪が望める予報

3月の貴重な新雪を求め、かぐらへGo


130314_main.jpg
茶色の汚れた雪を覚悟していただけに、
この雪景色はうれしい。

ただ、、雪が降るかわりに、風が強く、
朝から第一高速は運転見合わせ中。


130314_1roma.jpg
平日の稼働はレアな第一ロマンスリフト。
利用はこれで2回目かな!?

新雪量は硬いバーンのすべてを埋めるほどはなく、
風の当たる斜面は、硬い下地がそのまま露出している。

ほどなくして第一高速が始動。
ツリーランを中心に片っ端から滑る!!

そして、パノラマリフトも始動!!
パノラマの緩い斜度でも気持ちいい位の積雪量。
始動前に一本頂いていたが、
競争率は低くて、数本楽しめた。

しかし、新雪のかぐらは行きたい斜面が多すぎて困る!!
リフトの始動も遅かったので時間が足りない!!
昼食は第一高速リフト乗車中に済ます
フード付きは、こんな時、助かるね。


130314_5romayoko.jpg
もう、5ロマは動かさないかなぁ~と思っていたら、
12時ごろ5ロマも始動!!
12時で動かなければ、
ハイクアップを考えていたのでラッキー

ここは硬いところが多くダメそう…

130314_5romatree.jpg
樹林帯は吹き溜まっていていい感じ


130314_ebi.jpg
ミニえびの尻尾!?


130314_5roma.jpg
やっぱりスキー場は雪模様がいい!?

ここのところ暑すぎたので、
久しぶりの冷え込みの中、
スキーできることになんだかほっとする。


130314_5romaura.jpg
そして、大好きなここへ

もちろん…

ε=ε=ε=ε=ε=ヾ(〃^∇^)ノヒャッホー!!


130314_tashiro1.jpg
さらに、そして、今日のメインイベント
反射板下へトラバース。
バッチリなバーン状況を確認


130314_tashiro2.jpg
反射板を目指してハイクアップ。

ところが、北側の斜面は硬くアイスバーン状態
一度、板を滑らせスリップダウン…
滑り落ちた距離はほんの少しだったが、
落ちたら止まらないアイスバーンの怖さを体感

柔らかい新雪か緩んだ雪しかハイクの経験がなかったので、
いい勉強になったと思っていたが、
翌日にはさらに怖いことに
詳細は次回に…


130314_tashiro3.jpg
アイスバーンを乗り越え反射板前に到着。


130314_tashiro4.jpg
ドロップ方向。
落ち込みの先は見えないが、
バーン状況は確認済み!!
安心して突っ込む!!


130314_tashiro5.jpg
振り返る。
ゴロマの始動が遅かったからか、
今日は山へ入った人はほとんどいなかった模様。
完璧なノートラック、ありがとうございました~


130314_juhyou.jpg
時折、日差しもあったが、
回復するとの予報に反して、一日雪模様だった。


130314_mainue.jpg
う~む、かぐらメイン…

そう言えば…


一度も滑らなかった!!



最後もメインは横切ったのみで、
あそこ経由で下山となりました。