FC2ブログ

富士山 須走口 5月9日 ~シーズン18日目~

5月9日 富士山・須走 天気 くもり 気温 5℃~10℃

前日までの天気予報では、絶好の富士山日和とは言えず、行くかどうか直前まで迷っていた。
準備も体調管理もイマイチで、とても自分の実力では山頂までは無理そうだが、
行かずに後悔するよりはいいだろうと思い、下見のつもりで出かけた。


190509_01 (2)
須走駐車場からスタート。


190509_01 (3)
素直にブル道へ行くべきところ、下見だからと思い、幻の滝方向へ行ってしまった。
藪にはまる…。


190509_01 (4)
雪が出てきた。
シートラで藪はきつい。
シール歩行のほうがまだましだろう。
強引にシール歩行を開始。


190509_01 (5)
やっと少し拓けてきた。
しかし、藪との格闘でだいぶ時間を消費。


190509_01 (6)
面はなかなかきれいだ。


190509_01 (7)
最初は青空も見えていたが、予報通り雲が出てきた。


190509_01 (8)
登山道側に先行者のスキーヤーがひとり。
だいぶ先に行かれてしまった。

足は出だしから重。
しかも、微妙に気持ち悪い。
もしかして軽い高山病だろうか。
一気に車で2000mまであがって、すぐに動き出すのはよくないよな。


190509_01 (9)
振り返れば、大島。


190509_01 (10)
江の島と三浦半島、その向こうには房総半島まで見える。


190509_01 (11)
所により、数日以内に降ったとみられる新雪だ。


190509_01 (12)
先行者は7から8合目あたりで、下山を開始した。


190509_01 (13)
画像には映らないが、雪が舞い始めた。
私もそろそろ引き返すことを検討する。


190509_01 (14)
山頂方向。
こうやって見るとすぐそこのように見えるが、まだ標高差800mくらいある。


190509_01 (15)
後ろを振り返る。
自分の気持ちとの闘い…


190509_01 (16)
シュカブラも少々。


190509_01 (17)
雪面も硬くなってきて、これ以上登っても滑走は楽しくなさそうだ。


190509_01 (18)
気持ちが負けて、3000m付近で下山決定。

問題はどの雪渓を選ぶかだ。
できるだけ、歩きたくない。
シートラで砂礫歩きは大嫌いだ。
今年は後半で降ってくれたおかげか、どこを選んでも比較的、下まで滑っていけそうだ。



190509_01 (20)
オーソドックスにブル道方向へ下りてきた。
上はやっぱり硬くて面白くないが、中間からは緩んで快適だ。


190509_01 (21)
うまい具合にブル道にだけ雪がある。


190509_01 (22)
お!いいぞ!


190509_01 (23)
ここで終了。
2300mくらいまでは滑ってこれた。
山頂は若干、ガスって来た。

あとはしんどい砂礫歩き。

駐車場に戻って、先行者の方に話を聞くと、
不浄流しを滑ってきたらしい。
ほぼ駐車場の標高まで滑れたようだ。
次は、不浄流しを行ってみよう。

この日は下見で、次週に山頂を目指すつもりでいるが、
今のところ、天気があやしくてだめそうだ。
再来週か、それともこのまま滑り収めか…。





Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)