FC2ブログ

乗鞍岳 剣ヶ峰 4月18日 ~シーズン17日目~

4月18日 乗鞍 天気 快晴 気温 4℃(0700)~12℃(1300)

今週の木曜は保育園で健診があるため、子供たちは登園しなければならない。
山へ行ける。
ちょうど、今後の仕事の関連で、同業者の職場を見学をしたいと思っていた。
安曇野で元同僚が開業している。
白馬はちょっと時間的にきつい。
下山に時間がかからない乗鞍へ行こう!


190418_01 (1)
タイミングよく前日に開通した三本滝からスタート。

6時頃にはスタートしたかったが、なんだかんだで7時になってしまった。
あえてなのか、知らずなのか、休暇村から登ってくる人もいる。
楽できるところは楽したいので、私はもちろん三本滝から。


190418_01 (2)
以前の教訓はもう忘れたようだ。
雪壁が高いところに来てしまった。
奥のボーダー3人組のコース取りが正解。


190418_01_2.jpg
かもしかゲレンデ最上部。


190418_01 (4)
目指すは剣ヶ峰。
かぐらでは足が攣りまくって大変だった。
アミノバイタルゼリーをこまめに摂取してみる。


190418_01 (5)
今季は後半になって、積雪が増えたようだ。


190418_01 (8)
おそらくトップバッター。
剣ヶ峰からボーダーが下りてきた。
摩利支天側へトラバースして、また、登り返していった。
私には無理…。


190418_01 (9)
いつの降雪かは不明だが、新雪が出だしからのっている。
気温の上昇で帰りが心配だ。


190418_01 (10)
登りながら、ドロップポイントを吟味。
先行者が何組かいるので、その人たち次第だが、
剣ヶ峰と蚕玉岳の間がきれいで、幅も広くてよさそうだ。
剣ヶ峰や朝日岳側は滑ったことがあるので、まだ、滑ったことのないここに決めた。


190418_01 (11)
稜線への登り。
無理をせず、回り込むように登り上げたが、稜線手前でも硬くはなかったので、
もっと左へ行ってもよかったかも。

位ヶ原分岐でアウターを着たが、暑くてやっぱりここで脱いだ。


190418_01 (12)
シュカブラもある。


190418_01 (13)
稜線へでた。
風はない。
朝日岳への急登だ。


190418_01 (15)
登山者の下りトレースを利用して、朝日岳はトラバース。


190418_01 (14)
振り返ると朝日岳。


190418_01 (17)
剣ヶ峰への最後の登り。
シールで行けるだろうか?
小屋手前で一部氷化していたが、山頂までスキーで行けた。


190418_01 (19)
定番写真。


190418_01 (20)
バリバリ。

足はやっぱり攣っている。
滑走準備しながら、足をほぐす。



190418_01 (22)
山頂からスキーで滑走。


190418_01 (23)
ドロップポイント。
ここから行きます!


190418_01 (24)
シュプールを振り還る。
中間のシュカブラは見た目以上にギャップが大きくて、
吹っ飛ぶかと思った。


190418_01 (25)
よかった!

位ヶ原からはストップ雪。
修行のはじまり。
ツアーコースでストップ雪にノーズが刺さって、前転してしまった。
その拍子に足が攣ってしまい、しばらく立てず…。
下へ行けば、ザラメかもと期待したが、結局、最後まで修行だった。


190418_04.jpg
温泉入って、15時には安曇野へ到着。
目の前に北アルプスが見えるよ…。
いい職場だな。
自分も地方で開業すればよかったかなと、ちょっと思う。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)