武尊・セビオス岳 3月9日 ~シーズン12日目~

3月9日 セビオス岳 天気 晴れ 

武尊牧場の営業が今季限りと聞いた。
隣のオグナには何度も来ているのに一度も行かずに終わってしまうのはさみしいので、最後に行っておくことにした。


170309_01.jpg
リフトを使うか迷ったが、早めに出た方がいいと思い、営業開始前からゲレンデを登る。
ここを上がった方がよさそうだが、圧雪車が作業しているので回避。


170309_02.jpg
奥の非圧雪コースを登る。上部の急斜面は今日唯一クランポンを使用した。


170309_03.jpg
急斜面を登りきると、あとはゲレンデトップまでなだらか。



170309_04.jpg
ゲレンデトップからはしばらく平坦な尾根歩きが続く。
尾瀬岩鞍が見える。こんなに近かったんだね。


170309_05.jpg
広い尾根を進む。
敗退時を考慮して歩くが、若干のアップダウンがでてしまう。


170309_06.jpg
気温は低く、雪はいい感じ。


170309_07.jpg
林の間から前武尊、剣ヶ峰、家の串、中ノ岳。


170309_08.jpg
静寂の中、コンコンコンと音が響く。
音の鳴る方を目を凝らして探してみると、アカゲラがいた。


170309_09.jpg
気持ちのいいブナ林のハイクが続くが、標高は一向に上がらない。
今季はほぼ初と言っていい久しぶりの本格的なハイクで早くも疲れてきた。
ある程度斜度があって、ちょっとテクニカルな方が、疲れを感じにくい気がする…。


170309_10.jpg
陽が登るにつれ雪が重くなり、ラッセルもきつくなる。
板に張り付く雪が重い…。


170309_11.jpg
ちょっと雰囲気が変わってきた。


170309_12.jpg
避難小屋を過ぎてからは、雪庇が出現し、その雪庇上はギャップというかうねりがすごく苦戦。


170309_13.jpg
右を見ると拓けていて、越後の山々がドーン。
なるほど、向こうからの風が直撃するのかな。


170309_15.jpg
見た目はきれいなんだけど…。


170309_16.jpg
雪庇は落ちるような雪庇ではないし、南側にもスペースがあるので、
基本的には南側をトラバースした方がよさそうだった。


170309_17.jpg
まだ、先は長い。


170309_18.jpg
中ノ岳の奥に武尊山が見えてきた。
目標は武尊山だが、気持ちはだんだん「楽したい」方向へ…。


170309_191.jpg
途中、南側に降りられず、北側を攻めて失敗。かなりの時間を消費してしまう。


170309_20.jpg
セビオス岳を過ぎたところで、体力・気力が尽きた。
今のペースだと、武尊山まで1,2時間はかかりそう。


170309_22.jpg
予定していた時間をオーバーしてここでギブアップ。

今季はかぐら以外ほとんど登っていない。
普段も運動していないから当然だな。持病の腰も痛いし、股関節も痛い。
中ノ岳と武尊山を目前にして、しばし心の中で葛藤したが、
「楽をしてしまえ」「早く帰って子供と遊ぼう」という心の声に負けて下山を決めた。
ここから西俣沢へ滑り込む。


170309_21.jpg
滑る予定だった西俣沢源頭部。
ああ、いい雪残っていそうだ。


170309_23.jpg
西俣沢へ滑り込む。
南斜面で雪の状態が心配だったが、重いなりに滑りやすくていい感じだった。
沢へ降りると軽い雪がたまっており、あきらめてしまったことを少し後悔。
ここから家の串方面へ登り返したくなるほどのいい雪だった。


170309_24.jpg
西俣沢は昨年よりも雪は多そう。
沢へは進まず、すぐに50~60mほど反対側の東尾根を登った後、なるべく高度を落とさないようにトラバース。


170309_25.jpg
尾根に乗り上げたら、快適なツリーランが続く。
昨年の記録をGPSで見ながら滑っていたが、調子に乗って飛ばし過ぎて荒砥沢側へ行ってしまう。
後半はリカバリーのためトラバースしまくる。
逢瀬橋か牧場前の堰堤を渡ろうと思っていたが、100mくらい下に降りた程度で済んだ。
駐車場に戻ったら、一回券を買って、記念にゲレンデ一本滑っておいた。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)