家ノ串山 3月10日 ~シーズン18日目~

3月11日 家の串 西俣沢 天気 晴れ時々くもり 気温 3℃~-8℃

今日もどこに行くか迷いに迷う。
谷川岳の芝倉沢も狙っていたが、先日の高温で融雪が激しそうな上、新しい情報もない。
ここがだめなら谷川岳へ向かうつもりで、武尊牧場下の西俣沢へ行ってみる。
しかし、片品周辺に積雪はほぼ皆無。
スキー場下に来ても周辺には雪がなく引き返そうと思うほどだが、
とりあえず逢瀬橋に着いてみると林道には雪があり、北面の尾根には雪が付いていた。


160310_01.jpg
林道を進みながら、取り付ける斜面を探す。


160310_02.jpg
ここから上がる。


160310_03.jpg
低木やブッシュはそれほど気にならない。


160310_04.jpg


160310_05.jpg
ほたか牧場が見える。下は雪ない…。


160310_06.jpg
巨大な岩を巻く。


160310_07.jpg
1300mを越えると比較的平坦な尾根上に出た。
着雪した木々がきれい。


160310_07_01.jpg
ブナ林の快適な尾根歩きが続く。


160310_08.jpg
実に気持ちいい。来てよかった。


160310_10.jpg
1600m付近。開けたところに出る。ここだけ風が通る。


160310_11.jpg
帰りが楽しみな斜面。昨日の降雪のおかげで新雪パウダー。


160310_12.jpg
1700mを越えると徐々に尾根が狭くなり始める。


160310_13.jpg
尾根のやや北側を行くが、ブッシュがひどくなってきた。
トラバース気味にあがるので、足の負担もきつい。


160310_14.jpg
至仏山。今年は行けるだろうか。GWには雪なさそう。


160310_15.jpg
ひたすら藪漕ぎが続く。ここの区間でだいぶ時間をとられる。


160310_16.jpg
1840m付近。小ピークを巻いたところで尾根上に出た。


160310_17.jpg
前武尊と剣ヶ峰。


160310_18.jpg
尾根上は雪庇によるアップダウンが激しい。乗り越えて下るとスキーのトップが刺さって埋まる。
フルロッカーのファットなら大丈夫そうだが、今日は細板のウェイバック。
日射を受けて重くなった雪でダブルパンチ。


160310_19.jpg
嫌になってきたが、北面はブッシュがひどい。仕方なく雪庇下の南側を行くが雪が柔らかい。



160310_20.jpg
急斜面では足元緩いのと、雪庇が落ちても困るので、再び雪庇を行く。


160310_21.jpg
が、障害物競争に耐えきれず、再び南面へ。やっぱり足元切れる。


160310_22.jpg
2度、3度足元流されながらも南面を突破して行く。


160310_23.jpg
家の串山頂へは登れそうな斜面ではない。


160310_24.jpg
荒砥沢。ここから見ると結構な急斜面に見える。雪崩事故があったのは、あの尾根上のところだろうね。


160310_25.jpg
トラバースして中ノ岳との鞍部へ出よう。武尊山か中ノ岳まで行ってみようか。


160310_26.jpg
古いデブリが埋まっている。この先はさらにきわどいトラバースが続き、心身ともに疲労。
もちろん写真撮る余裕なし。


160310_29.jpg
やっと安全地帯。北面の西俣沢源頭部。いい雪が残っている。


160310_30.jpg
トラバースに時間がかかった。武尊山はやめてここを滑って帰ろう。
ただ、このままだとゴール感がない。進路変更して家の串山頂をゴールにしよう。


160310_32.jpg
急斜面を登りあげて、家の串山頂2103m。
山頂からは武尊山、前武尊、川場剣ヶ峰を見渡せたが、今日はどこも人の気配なし。
天気は心配だったがこのまま持ってくれそうだ。


160310_31.jpg
前武尊と剣ヶ峰。


160310_34.jpg
川場剣ヶ峰。


160310_35.jpg
武尊山。川場谷滑走も狙っていたが、今季はもうチャンスはなさそうだ。


160310_37.jpg
さあ、ここから滑走開始。
暖冬の2016年。3月にしぶとくパウダーゲット!!


160310_38.jpg
寒くなってきた。朝の出発時3℃だったのに、気付いたら気温-8℃。


160310_39.jpg
西俣沢まで滑り込んでしまうと2月のように大変なことになってしまうので、早めにトラバースして元来た尾根にもどる。


160310_40.jpg
そろそろ登り返しかなと思っていたら巨岩出現。谷側は雪もついていないので、ここから登り返す。


160310_42.jpg
岩を巻いたら、シールでほぼ平行移動。
もう一度、登り返しになったら面倒なので、長めにシール歩行したが、
もっと早くに滑走に入っても元のルートには復帰できただろう。


160310_44.jpg
下の方はだんだん雪が重くなり、モナカも出現。
樹間もせまいので、まともにターンできず、ほとんど横滑りで下山。
それでも最後は車の上まで滑ってこれて、登り返しは一度のみで高度もわずか。
2月の西俣沢を下って、急斜面登り返しと林道歩きと比べれば、こちらの方が断然楽だった。
また、来てみたいと思うルートだった。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。