かぐらスキー場 1月14日 ~シーズン8日目~

1月14日 かぐら 天気 雪 気温 -6℃

今週もかぐらと谷川岳を候補に関越へ。
予報だと前夜から雪マークのかぐらだが、チェーン規制は六日町から。
強い寒気なら月夜野あたりで雪がチラチラ来るはずだが、そんな気配は全くない。
高速から谷川岳は雲の中で拝むことはできない。
午後から寒気が強まるらしいので、このままかぐらへ向かう。


160114_01.jpg
肝心の降雪は朝からの模様。
ジャイアントは硬い…シュレデターでは辛いだけ。


160114_02.jpg
メインは今週も学生の大会で規制中。


160114_03.jpg
圧雪具合はいつものかぐらの感じだが、下部の斜面は良かった。


160114_05.jpg
9時半始動の五ロマへ。


160114_04.jpg
新雪を期待したが、うっすら乗る程度。
前日までのトラックは残ったまま。
ジャイアントを一本滑った感じでは、五ロマもいいようには見えないので、
このまま登ることにする。


160114_05_1.jpg
ゲートはトップ通過。
先週は誰もいなかったが、今週はにぎやか。
登山届の提出時、パトロールから注意事項を受ける。
藪が埋まっていないので反射板方向は滑走禁止、
北斜面も下に行き過ぎないように、
沢はまだ埋まっていない、
とのこと。


160114_06.jpg
少し下って、ここからハイク開始。
直で中尾根南斜面を目指す。


160114_07.jpg
新雪ラッセル。
気温は低めだが、雪の降り方は弱いし、風もなし。
ベンチレーション全開。


160114_08.jpg
中尾根到着。
ピークを経由するより早いね。

南斜面を落とす。
しかし、トラックが消えきっておらず、ちょっと残念。
先週の方がよかったな。
BCエリアなら大丈夫かと思ったが、ここでも降雪量は少ないようだ。


160114_09.jpg
再び五ロマでゲレンデトップへ。


160114_11.jpg
二度目はオーソドックスに中尾根ピークを経由して北斜面へ。
トレースを使いながら、所々ラッセル。


160114_12.jpg
神楽ヶ峰方向。


160114_13.jpg
北斜面へは一段降りる。
シールでの滑走は毎度、冷や冷や。


160114_15.jpg
樹氷。


160114_14.jpg
暖冬だけど、樹氷は育つようだ。


160114_16.jpg
沢地形のオープン斜面。
残念ながらガス出ている。

滑走準備しながらガスの様子を見ていると、
2度、3度と一時ながら、ガスが抜ける時がある。
しかし、いざ準備ができて、待っているとなかなか抜けない…。
抜けたと思ったら、GoProのバッテリー交換中…。
結局、待ち切れずガスの中、スタートするが、
起伏がわかりにくい上、トラックが何本かある。
ゆっくり滑り下りて、面白くない2本目に。


160114_17.jpg
下から見上げると、樹林帯にノートラックのいいラインがいくつかある!!
しかも樹林帯にはガスが出ていない。


160114_18.jpg
ここもいいじゃないか!
3本目をやるべく登り返す。


160114_19.jpg
尾根上に出て、南斜面の様子を伺う。
一本木の手前側は良さそうだ。


160114_20.jpg
ここを滑れば、すぐ五ロマに戻れるしな…。

でも、さっきおいしそうな北斜面を見てしまったしな…。

あきらめきれずに北斜面へ。


160114_21.jpg
上からだと、ドロップポイントがわかりづらい。

良さそうなラインを発見して3本目。
雪面はフラットで視界も良好。
気温-6℃、乾いた新雪、スラフもでる。
3本目にやっと当たり。


160114_22.jpg
さあ、問題は帰り。
下部はブッシュがひどいのはわかっている。
尾根を回り込みたいが、藪に阻まれる。


160114_23.jpg
1550m付近で完全に藪に阻まれる。
行くしかない!
意を決して藪突入。


160114_24.jpg
1、2回足を取られて転倒しながら、何とか尾根を下る。
沢のボトムはアップダウンが激しい。
早めに右側に上がりたいが、藪に阻まれる。

息が上がって、フェイスマスクを取って滑走していたら、
鼻の穴にピンポイントで枝先が刺さる。
人生初の鼻血…。雪面にいちごシロップ。


160114_25.jpg
滑走はあきらめてシール歩行に切り替える。


160114_26.jpg
トラバースするようにメインゲレンデに復帰。


160114_27.jpg
大会はすでに終了。
「ゴール!」と叫びながら、フィニッシュラインを通過。


標高の低い場所は、まだブッシュが多い。
先週のように南斜面から、五ロマコースか五ロマ下部あたりでコースに戻るのが無難。
北斜面を滑ったとしても、あまり下りすぎずに、登り返して南斜面から戻った方が、
結果的にスマートに戻れそう。
藪が埋まるにはあと2、3回は大きな寒気が来ないと無理かも。

この日の降雪も結局予報ほどは降ってないしな…。
帰りの高速ではバックミラー越しに谷川岳がばっちり見えた。
やっぱり寒気弱いよね。
これなら、谷川岳でも良かったかも。

天神尾根往復の選択肢しかない今のうちに谷川岳に行ってみたいのだが、
さて、機会は巡ってくるだろうか。

来週は今季最強の寒波らしいが、さあ、どうだろう?
今季の寒波は本当、期待外ればかりだからね…。

Comment

不完全燃焼ですか?
この藪の中で3本滑走とはさすがですね、でもなんか消化不良の様なのは文面より感じられますが、、、
連休後に多少寒気が入ってたかと思いましたが、僕が上がった2日と状況は変わってないようで残念です。
ま、少ないなりに楽しみましょう!

と、言いつつ藪に叩かれたゴーグルが傷だらけ&ミラーコートが剥がれ…凹みました(ToT)
  • 2016/01/15 22:20
  • か~だ
  • URL
  • Edit
Re: 不完全燃焼ですか?

長々と山に入ってた割に斜面の選択と順番を間違えたかなと…。
かぐらにはだいぶ通っているつもりですが、まだまだ新しい発見があります。
勉強になりました。
今週はようやく期待できそうな寒気入りますね!
  • 2016/01/17 11:31
  • happa
  • URL
1本だけですが。
先程、南斜一本木上を滑ってきました、
気温が低く良いパウダー頂いてきましたよ。早めに帰る予定なので、登り返しなしなのが少し勿体ない気もしますが、ゲレンデでは無い雪にそれなりに満足でした。
来週は積雪量が がっつり増えると良いですね!
  • 2016/01/17 12:47
  • か~だ
  • URL
  • Edit
Re: 1本だけですが。

いい雪でしたか!
一本でもいい雪なら満足できますよね!
  • 2016/01/18 12:05
  • happa
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。