富士山BC 5月7日 ~シーズン23日目~

5月7日 富士山・白草流し 天気 曇り 気温 0℃(3000)~8℃(2250)

昨シーズン、須走口から富士山に初挑戦した。
シーズン前から今季も富士山で滑り納めにしようと考えていたが、
今年は雪が少なそうなので、早めにトライすることに。

しかし、今日は仕事の関係もあって、午後の早い時間にはあがるつもり。
今季は山頂登頂にこだわるつもりだったが、
今日はいいところまで登って滑走する予定とした。


150507_chuushajou.jpg
富士スバルラインの駐車場から雪の付き具合をチェック。
朝、1時間の寝坊もあったが、自宅から1時間ちょっとで到着。
群馬や新潟の山より、圧倒的に近くて助かる。
他に車は2台ほど、警備員に目的が「スキー」と告げると、
ナンバーを控えられた。


150507_nobori.jpg
車で少し戻って、御庭に駐車。
雪渓末端が一番近そうな白草流しを目指す。
登山靴を忘れ、車内にあった長靴で登る。


150507_03yuki.jpg
20分ほどで雪渓末端に。
板とブーツを下して、シール登高へ切り替える。
長靴は木の枝にデポして、
GPSにブックマーク。

昨年の須走では、雪に辿り着くまでが長く、
疲労してしまったので、早めにシールに切り替えできてよかった。
板だけなら、まだいいが、ブーツまで背負うと、
腰がとても辛い


150507_04.jpg
藪を抜けた。
とりあえず、縦溝はなさそうだ!!
そして、誰もいない。


150507_05san.jpg
高度があがるにつれ、斜度もきつくなりシールがズリズリしだしたが、
辛抱して登っていると、雪面が締まってきて、
クトーが効くようになってきた。


150507_06yuki.jpg
雪面が締まるということは、気温も低下。
気が付けば気温は0℃まで低下。
寒くてアウターを羽織る。
雪も降りだす


150507_uipetto.jpg
購入してあったウィペットを初めて実戦投入。
買ったときは重いと思ったが、
フィールドに持ち出してしまえば、
それほど気にならない。
いつものストックのつもりで、
ストックを持った手で顔を掻くと、刃が顔に突き刺さる


150507_07.jpg
3100mあたりで時間的にも頃合いになり、滑走へ。

縦溝はないが、上部は硬めでガタガタ…今週もやっぱり苦行系。


150507_08.jpg
下部は雪も緩み、平坦で楽しめた。

雪が切れたところから、再び、長靴へ
わずかな距離でも、ブーツを背負うのは厳しい。
車に戻ると、腰が悲鳴をあげている。
来週以降、もう一度、富士山にトライしたいが、
どこから登るか悩ましいところだ。
雪渓までのアプローチが長いと厳しいな…。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)