至仏山 4月30日 ~シーズン22日目~

4月30日 至仏山BC 天気 快晴 気温 4℃(630)

BCを始めて、その存在を知り、それ以来、行きたいと思っていた至仏山。
去年は突然の病気で計画実行できなかった。


150430_01chuusha.jpg
鳩待峠の駐車場。
6時にはゲートに到着するつもりだったが、
少し遅れて、駐車場着は6時半。
戸倉の満車の表示にドキドキしながら上がってみると、
数台分、空いていた。


150430_02chuusha.jpg
登山口。
既に多くの人が登っている。


150430_03shibutu.jpg
駐車場からも至仏山の山容がドーンと拝める。


150430_04.jpg
尾根伝いに樹林帯を行く。
リボンが多いのと、トレースもはっきりあるので、
迷いようはない。

傾斜はなだらかで一定。
1866の手前に唯一、やや急なところがあるのみ。


150430_05shou.jpg
あれが小至仏山のトラバースラインだな。
2本あって、このときは下側のラインにしようと決めたのに…


150430_06.jpg

150430_07.jpg
小至仏山手前。


150430_08.jpg
滑走予定のワル沢の向こうに尾瀬ケ原と燧ケ岳。


150430_09.jpg
人というものは上に登りたがる生き物のようで、
上のラインに行ってしまった。
下の方が落差のない完璧なトラバースライン。


150430_12sanchou.jpg
山頂到着。

鳩待峠から標高差600m足らずだが、
距離はまあまああるのと暑さで最後は結構バテバテ。


150430_10sanchou.jpg
尾瀬ケ原。


150430_11sanchou.jpg
越後の山々。
名前はわからず…。

山頂でも風はないので、
30分ほどのんびりと休憩後、
お楽しみの滑走へ。


150430_13.jpg
とはいかず…。

縦溝は明らかだったので、ある程度は覚悟していたが、
見た目以上に滑りづらい…。
ザラメもいまいちな感じ。
滑走も修行系に

事前の妄想では広大なバーンを大回りで、
かっ飛ばす予定だったのにね…。


150430_14.jpg
スキーヤーズレフト側へトラバースしたら、
若干滑りやすかった。

縦溝間の幅広なところを見つけて、
その間でターン


150430_15.jpg
休み休み滑っても、山スキーの滑走はいつもあっという間。

ワル沢、オヤマ沢を渡って、
鳩待峠まで登りかえし。
30分くらいだが、
これがきつかった!!

さあ、あとは富士山!?
でも、至仏山で体力のなさを痛感。
3月から1カ月以上、
スキー行けなかったのが響いているなぁ。

Comment

至仏山は大好きです。
お久しぶりです、そしてお子様の誕生おめでとう御座います!

去年ガイドツアーで行って以来定番になりまして、今期も締めくくりで行ってきました。ルートが分かり易くて景色は最高の良い山ですね。なので今期は25日、3日と締めくくりなのに2回も行ってしまいました(汗)

3日はブログを参考にさせて頂き、スキーヤーズレフトの縦溝回避ルートで楽しんできました。25日はそんなに縦溝がきつくなかったので、滑りも楽しかったですよ!
出来ることなら開通前に自転車&スキーで行ってみたいですが、体力的に無理ですorz

ちなみに鳩待ち~至仏山山頂はどれくらいで登りますか?
  • 2015/05/07 12:46
  • か~だ
  • URL
  • Edit
ありがとうございます
お久しぶりです。
私も至仏山のために自転車を購入しようか迷うほどなのですが、
実際に鳩待峠まで車で走り(結構遠い!!)、自分の足で至仏山に登って…
「さらに自転車は無理!?」って思いました。
この間は、山頂まで休憩入れて、3時間弱でした。
速い人は2時間から2時間半で行っちゃうみたいですね。
富士山の話になりますが、記録調べていると、
五合目から3時間で登頂する人もいるらしく、
その体力差に愕然としています。
私は3時間では、半分くらいしか行けないでしょうね…。
  • 2015/05/10 14:27
  • happa
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)