谷川岳 2月19日 ~シーズン18日目~

2月19日 谷川岳BC→ホワイトバレー 天気 曇りのち晴れ 気温 -4℃

バックカントリーをかじり始めて思うのは、
最大の悩みは場所選びであるということ。

前夜は南岸低気圧通過後の車山方面を第一候補にして就寝。
しかし、前々からタイミングを伺っている谷川岳が気になる。
天気図ではどうみても悪そうなのだが、
とあるサイトでは登山指数「A」!
もしかしたらとポジティブシンキング。
朝になって谷川岳に変更。


150219_uketsuke.jpg
ロープウェイは9時から。
土日は7時からなので、実に2時間も差がある。


150219_tenjintouge.jpg
ロープウェイで上がると、その場所選びが失敗な予感…
天神峠と高倉山のリフトは強風で運転見合わせ。


150219_pato01.jpg
そして、パトロールによる雪庇落とし。
うわっ!流されてる。


150219_pato03.jpg
スキーカットで容易に雪崩れる…


150219_pato02.jpg
うむむ…
しばし、ゲレンデを眺めながら、代案を含め考慮。


150219_kyuutou.jpg
最悪、天神尾根往復のつもりで出発。
ロープウェイ降り場で居合わせたガイドツアーとみられるパーティーは、
引き返した様子。

最初のゲレンデからの急登は右から行くが、
雪庇の乗り越えに手こずった。


150219_tozan.jpg
ほぼ、同時にスタートした登山者と合流。
まもなく自分が先頭に立つ。
小さいアップダウンの続く天神尾根は、
スキーの方が有利のようだ。

スキーヤー、ボーダーは私ひとり。
初トライの谷川岳だが、誰かしらいるだろうなんて、
甘い考えをもっていたので、なんとも心細い。


150219_nansho.jpg
緊張する難所へ。

思えば…BCに興味を持ち始めた3、4年前、
春スキーシーズンにゲレンデ装備のまま、
天神尾根を様子見に来たことがあった。
その時はもちろんここで引き返したっけなぁ…


150219_nansho2.jpg
ヒールを固定してクリア。
シールがなければ、なんてことないだろうが、
なかなかの緊張感。


150219_hinan.jpg
熊穴沢避難小屋。


150219_hinan2.jpg
風は相変わらず強く、山頂は視界が悪そう。
登っても滑走できないと意味ないので、
ここであきらめることに。

2月に入って好天・無風の山行が続いていたので、
気持ちもなえてしまった!?

登山者たちを見送ったところで、
天神尾根を少々引き返す。


150219_kassou01.jpg
このまま往路を戻るか、西黒沢へ滑り込むか…

私が判断した限りでは、行けそうだ。
熊穴沢の左尾根の樹林帯をつないで降りる。


150219_kassou03.jpg
なかなかの急斜面。
とにかく雪崩ないかヒヤヒヤで楽しむ余裕なし…


150219_kassou4.jpg
右の尾根沿いを滑ってきた。
結果的に滑った感じでは安定していた。
確信が持てれば沢のオープンなところを攻めても良かったのだろうが、
今の自分にそれは無理。


150219_sawa.jpg
西黒沢はきれいに埋まっている。
デブリもなく、快適に滑って下山。

駐車場に戻ったところで、まだ、12時過ぎ。
様子はわかったのでもう一本行きたい衝動に駆られたが、
ここは大人の判断でやめておく。


150219_howaito1.jpg
それにしても物足りない。
行ったことのないスキー場に行ってみようと思い、
ホワイトバレーへ。


150219_howaito2.jpg
1回券を3枚買って上部のリフトへ。
リフトは2本のみだが、あなどるなかれ。
コースはいく通りも選べる上、
圧雪していないバーンが多い。
降雪時はとても楽しそう。


150219_howaito3.jpg
なかにはこんなコースもあって、
なかなかハード。

関東圏のスキーヤーで「ホワイトバレー」、
どれだけの人が知っているだろうか!?
ローカル感、満載だが、
悪天候時にはいいのかもしれない。
山頂からはBCに入れる様子。
谷川岳のグループはここに移動したのかな!?

谷川岳はバックカントリーを始めたいと思ったきっかけでもある。
そして、始めてからは目標のひとつでもある谷川岳。
雪崩れリスクの高い山であり、山頂へは程遠かったが、
次回は天気がいい時に再挑戦したいと思う。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。