五竜小遠見山 2月5日 ~シーズン15日目~

2月5日 小遠見尾根  天気 快晴  気温 ?

前日は白馬乗鞍の大斜面で満足のいく一本を滑り、
気分よく白馬2日目を迎える。

事前の予報では、好天が望めなかったので、
2日目はゲレンデスキーのつもりでいた。

ところが、朝になってみると、山の方向は見事に晴れており、
五竜の遠見尾根へ計画変更。
ただし、遠見尾根、一部に細尾根があり、
少々手強いらしい…


150205_gerendetop.jpg
五竜のゲレンデトップからスタート。
初めての場所でソロ、
今後のために、偵察・下見のつもり。
午後の早い時間には、ピストンでゲレンデに戻り、
ゲレンデスキーの予定とした…

がっ…大幅な予定変更に。


150205_doubutsu.jpg
かわいい動物の足跡。
板は今日もシュレデター。


150205_jizou.jpg
ゲレンデ方向を振り返る。
南東は雲がかかっているが、
白馬の山々は快晴だ。


150205_kotoomi.jpg
あのピークが小遠見山かな。


150205_tengudake.jpg
天狗岳。
滑走跡がたくさんある。


150205_happo.jpg
八方尾根スキー場の奥には、
白馬三山と昨日滑った白馬乗鞍も見える。


150205_one.jpg
右か?左か?
2カ所目の細尾根。

右へ…
緊張しながら斜面をトラバース。
あっ!!
やってしまった…

スリップして横倒しに。
板を脱いで、ブーツを蹴りこみ、
尾根上に復帰。


150205_goryuudake.jpg
五竜岳。
難所をなんとかクリアして小遠見山ピークへ。
昨日に続き、風はほぼない。


150205_kashimayari.jpg
迫力の鹿島槍。


150205_sanchou2.jpg
山頂でまったりしていると、
次々と外国人が上がってくる。
体がデカいからか、登りもパワフルだ。
私が苦戦した難所も軽々とクリアしてくる。


150205_tengu2.jpg
皆、天狗岳へ向かって行く。
天狗岳へはコルまで下るのだが、
手際よく準備し立ち去っていく。
ルートにも慣れているようだ。


150205_sanchou.jpg
それにしても、日本人とは体のつくりが違うよね。
天気がいいと言っても、
2月上旬の2000mで上半身裸とは…
今日は山であった人、100%外国人。


150205_gaikokujin.jpg
さあ、滑走へ。
尾根を引き返していく。
雪庇の合間から、ドロップしようとしている外国人を発見。
ちなみに二人とも女性。
ひとりは200ミリ(?)のズームレンズを付けたカメラを持っている。


150205_gaikokujin2.jpg
ここから行くき!?攻めるなぁ!!
と見物していたら、
本当に行った!!
でも、本気の滑りではないようで、
ラインの下見でもしていたのかな?

これに刺激されたわけではないんだけど…
チャレンジしてみたくなり…!?


150205_kassou1.jpg
尾根沿いを回り込みながら滑っていたら、
気持ちいいところを見つけてしまい、
降りてきてしまった!!

白馬2日のうち1日はBCへ出ようと思い、
白馬乗鞍を中心に下調べをしてきた。
五竜はさらっと調べたのみ。
どこかで読んだ、
「遠見尾根からムラ尾根経由で47へ滑り込める
のフレーズが頭の片隅にあり、
まあ、行けるだろうと思い…。


150205_kassou1_1.jpg
ここまで来たら行くしかない。


150205_kassou2.jpg
五竜岳。
景色を楽しむ余裕は…ない!
本当に下ってしまって大丈夫か、
内心ドキドキ。


150205_kassou3.jpg
あっという間に滑り切ってしまった。
前方は川、後方は絶壁…
上流の堰堤にはトレースが見える。
ルートは向こうだったようだ。

上の堰堤に行くには、
川を渡る→積雪ありすぎて難しい。
左を巻いていく→滑落必至!?


150205_kassou4.jpg
滑ってきた沢地形の出口。
後でわかったが、右の尾根がムラ尾根。
最後これに乗ってくれば良かったのだ。

大幅な予定変更に若干焦る。
ここで相方に電話、
戻るにはあと1、2時間はかかると伝える…。

ここで、振り返るといろいろミスをしていたわけで…
まず、ムラ尾根がどこかわかっていなかった。
47へは直接滑り込めるわけではなく、平川(今いる川)沿いに下って、
戻れるって意味だった。
地形図見て、おかしいなと思いつつね…
冷静に考えれば当然だった。


150205_kassou5.jpg
少し下流に下って、
雪の少ないここから渡渉を決める。

スキーを担ぎ、意を決して水の中へ突入!!
一瞬なら大丈夫!?
と思ったが、やっぱり2、3歩行ったところで、
ブーツの中まで水が侵入。

降りるのは簡単だが、問題は上がれるか?
ブーツを蹴りこんでもすぐに足場は崩れ、
川から一歩も登れない。
ショベルを出し、柔らかい雪を落とし、
階段状に足場をつくる。
これで、なんとか川から脱出。


150205_kassou6.jpg
さらなる難関の崖。
すぐ上が林道だ。

スキーで登高を試みるが、
中間あたりで滑落。
ツボ足に切り替えるが、
足場は弱く、すぐに崩れ落ちる。
ここでも、ショベルを使い足場を作り、
ピッケル代わりに雪に刺したショベルを支点にして、
這い上がる。


150205_kassou7.jpg
ようやく林道直下へ。
このわずかな距離で、
渡渉からここまで1時間弱もかかった。


150205_kassou8.jpg
あとは硬いトレースに乗って、
ひたすら下る。

しばらくすると47が見えてくる。
渡れないかと考えたが、冒険する気はおきず、
素直にそのまま下る。
これも後から知ったが、
47へは渡渉が可能なようだ。
このルートを滑るときは、47から出発して、
最後にもう一度、渡渉して47へ戻るのが定番らしい。


150205_kassou9.jpg
別荘地へ。
雪があるので、そのまま滑走!!

セブンイレブンまでほぼスキーでこれた。
さて、ここからどうしようと思ったところに、
駐車場にタクシー発見。
お店から出てきた運転手さんをつかまえて、
五竜まで送ってもらう。

15時、宿に戻って、ほっと一息。
午後はゲレンデスキーの予定だったので、
一日券を買っている。
悔しいので、ケオッズに履き替えて、
五竜のゲレンデを一通り回ってきた。


最後に反省…
今回の小遠見尾根滑走、
いい意味でとらえれば、
いろいろ経験でき、経験値としては上がった…
しかし、ルートもわからず、直感で滑ったのは無謀だった。
GPSログで確認すると、
結果的にはムラ尾根に沿う感じで滑ってきたので、
ルートを大きく外れてはなかったが、
どん詰まりになって、後にも先にも行けなくなることも有り得た。

また、急遽、初の渡渉をすることになり、
自分の想定していた山スキーの範囲を超えたことで、
焦ってしまった。
事前に分かっていれば、焦ることもなかっただろう。

2日間の白馬BCで、あらためて白馬の山々のスケールの大きさを実感。
天気と雪のコンディションに恵まれ、
楽しい白馬遠征となった。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)