白馬乗鞍岳 2月4日 ~シーズン14日目~

2月4日 栂池→白馬乗鞍岳  天気 快晴  気温?

連休をとれることになり、一泊で白馬へ。
4時前に東京出発し、6時半過ぎには白馬着。
宿は五竜のゲレンデサイド、朝からチェックインOK。
相方と愛犬を降ろして、私は栂池へ。


150204_gondora.jpg
ゴンドラであがる。
栂池は初めてのゲレンデ。


150204_gondoraue.jpg
ゴンドラ山頂駅に到着。
上のロープウェイは春期のみの運行。
あのリフトで上がった方がいいのかな!?
9時の運行開始までは少し時間がある。


150204_dedashi.jpg
初めての場所は、アプローチに迷うなぁ…
明確なトレースを見つけたので、
このまま登ってしまおう。


150204_rindoukara.jpg
しばらくして、林道から続々と上がってくる人達と合流。
やはり、リフトで一本上がった方が、早いのか…


150204_tengudaishamen.jpg
ここが天狗原の大斜面だろう。
ボーダーが降りてきた。
何とも気持ち良さそう。
天狗原で終わりにしようかな…


150204_daishamen.jpg
天狗原でパンを頬張りつつ小休止。
目の前には白馬乗鞍の大斜面。

乗鞍山頂を目指すか、
ここから天狗原の斜面を滑って、鵯峰北側へ行くか。

2月にこれ以上ないほどの好天。
数日前まで雪崩れリスクは高かったが、
今は安定してきている。
滅多には、来られない白馬。
もう、この絶好のタイミングはないかもしれない。


150204_nobori.jpg
白馬乗鞍山頂へ行ってみよう!!
先行のトレースを素直にたどる。


150204_nobori2.jpg
少し前を行く7、8人の外国人パーティ。
先頭のガイドと思われる外国人は、
他のトレースを無視して自らの判断でジグを切っていく。

最初は「ふ~ん」と思いながら見ていたが、
次第に、その絶妙なライン取りに納得。
「う~ん、うまいなぁ。」
斜度や雪質の変化をよくわかっている感じだ。

私が辿ったトレースは山頂直下でスリップ寸前…
行き場がなくなる…
緊張を強いられながらの登りに…


150204_boudaa.jpg
3人ほどのボーダーのグループが雄叫びを上げながらドロップ。
この大斜面、過去には雪崩れが発生しているようだ。
尾根よりのあそこが一番安全かな。


150204_sanchou1.jpg
山頂直下へ到着。
山頂でも風はほとんどない。
実に安定した天気。


150204_sanchou2.jpg
はて?山頂はどこ?
岩が露出していて、スキーでは歩けない。
ケルンが見えるが、行く気力はもうない。


150204_sanchou3.jpg
ひとしきり景色を堪能してからドロップポイントへ。
南寄りに登って行った外国人パーティがトラバースして、
私も狙っていた北側の尾根よりでドロップ中。


150204_sanchou4.jpg
さあ、みんな滑りきったぞ。
私の番だ。
中央は避けて…


150204_sanchou5.jpg
この辺りから行ってみよう!


150204_kassou.jpg
振り返る。
ひや~気持ちいい。
出だしはやや硬かったが、あとはクリーミーで均一な雪面。
パウダーが舞い上がる滑りではないが、
今シーズンベスト!!

一番左が自分。
気持ち良すぎて、ターン弧がだんだん大きくなってしまった。
いや~このオープンバーンは、
一度滑ったら魅せられてしまいますな。


あとは天狗原下の斜面を通り、
ゲレンデベースまで標高差1600mを一気に下ってゴール。


150204_goryuu.jpg
五竜に戻り、宿でお留守番の相方とゴンドラへ。


150204_goryuu2.jpg
明日は南岸低気圧の影響で、
展望は望めないかもしれないので、
今のうちに。


150204_keos.jpg
下り、相方はゴンドラで、
自分はスキーで下山。
五竜も初めてのゲレンデ。

久しぶりのケオッズだが、
まったく乗れない…
特に小回りができない!?
ずれないエッジに短く細い板が怖い!!

ロッカーに慣れすぎてしまったかも…
まっ、まずい!!

さあ、明日は天気が悪ければ、
五竜でゲレンデスキーの予定だが、
予想に反して、好天に!!
白馬乗鞍の滑走で気をよくした私は…



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。