かぐらスキー場 3月3日 ~シーズン19日目その2~

3月3日 かぐらスキー場 -10℃ 雪 <その2>

110303_sekisetsu.jpg

その1のつづき。

朝一からパトロールのお世話になり、
テンション盛り下がりのスタート

板の捜索、深雪からの脱出で汗だく・雪まみれのため、
一度、レストランかぐらへ戻りリセット。

気を取り直して、次はテクニカル上部へ。

だいぶ踏まれてきており、
この滑走跡をうまく使ってスピード保てば、
ふわん、ふわんで楽しい~

でも、深雪で失速したり、こけたら最後。
あっという間にすぐに埋もれてしまう。

110303_tekunikaru.jpg

点々と各所で人が埋まってます

さて、感覚がつかめたところで、
メイン脇の未圧雪に再挑戦。

今度はうまく攻略

11時半、そろそろ昼にするかな~と思っていると、
第一高速が始動!!

タイミングばっちり。
ちょうど滑り降りてきたときに、
ゲートオープン!!

まずはなんといってもジャイアント!

うっひょ~
まだ、ラインは一本!

しかし、ノートラック部分へ突っ込むと
やっぱり失速して埋まりそう

踏まれたとこをうまく使わないと危険

そして、数本目…
足がパンパンになり、
そろそろダメだ~と思い始めたとき…

事件が

右板トップが深雪にささる。
あっと思った時には、
板が外れ、体は宙を舞う…

見事な前転ダイブ!!

飛んだ瞬間やってしまったことを直感。

案の定、外れた板が行方不明

本日、二度目。
情けない…

ストック片手に大捜索

あそこに着地したから…
この辺りだろうと…
必死に捜すも見つからない。

途中、親切なスキーヤーの二人が一緒に
捜してくれる…

それでも見つからない…

何度もあきらめかける…

あぁ…ダメだぁ…

春になって、雪溶けたら誰か拾ってくれるかな…
でも、きっと、錆びてボロボロだろうな…

110303_jaiantski.jpg

途方に暮れるなか、現場の証拠写真。

片足で滑って帰るかと…

思ったまさにその時!

救世主出現!!

ジャイアントの未圧雪の新雪を
プルークでテロテロ~と
滑ってくるおばちゃん。

「ガリッ」

「あっ!」

「ここに板あるよ~」

「そ、そんなところに!」
「ありがとうございま~す!」

刺さって埋まったと思っていた板は、
実は、吹っ飛んで、
見当もよらないところに。

本当にあと少しで、
あきらめて帰る一歩手前でした。

おばちゃん、ありがとう

たくさんの人が私の横を滑りぬけていたけど、
皆、直線的に滑っているので、
まったく気付かれず。

プルークボーゲンのオバちゃんだから
見つけられました。

おばちゃん、本当にありがとう

110303_jaiantue.jpg

だいぶ、話が長くなってしまいましたが、
ご覧のように写真左側はノートラック。

いつもならあっという間に全面シュプールつきますが、
この日は徐々に滑走跡が広がっていく感じ。

本日、4日もかぐらは降雪あり
しかも、第一高速、五ロマは終日クローズ。

明日の土曜日は、さらにすごいこと間違いなし!

みなさん埋まらないように気を付けて~


教訓

1.深雪は流れ止め必要!!

2.深雪はパウダー用板必要!!
  来期は買うべし!!

  (↑なぜかこちらの方が文字大きい)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。