かぐらスキー場 3月3日 ~シーズン19日目その1~

3月3日 かぐらスキー場 気温-10℃ 雪

110303_main.jpg

先週は腰痛でスキーを断念。
そこへ、今週は久しぶりの寒波到来!!

血湧き肉躍る

多少の痛みなど、
スキーができない辛さに比べたら微々たるもの!!

深雪の魔力は絶大。(←麻力!?)

少々の痛みがあろうとも
開き直って行くことに決定

深雪堪能するならやっぱり「かぐら」。
でも、前夜から続く冬型の気圧配置。

リスク高いけど、
深雪の5ロマを期待して、
あえてかぐらに強行!!

関越は赤城高原からチェーン規制

8時半のロープウェイでみつまたへ。
あがってから、場内アナウンスで
かぐら第一ロマンスリフトまでの運転と知る

うきうきすぎて、気がはやり、
下で稼働状況の確認もしてなかった~

とりあえず、一本みつまたで滑ってみるが、
緩斜面に新雪で板が滑らず、
即、かぐらへ移動

110303_kagura1roma.jpg

みつまたとかぐらの下部は風ほとんどなし。
例のごとく、強風は降り場の直前だけなのかな。

かぐら一本目はメイン側へ

一本目でバーン状況もわからない上に、
視界やや不良で凹凸や圧雪と未圧雪の区別もつきづらい。

そんな状況でメインの未圧雪ゾーンに…
様子見のつもりで…

…やってしまいました

そろそろ~と入ったら、
いくらトップ浮かしても
ズブズブズブ…と板は雪の中へ。

予想よりはるかに深い!!

一度、失速したら最後、
板が埋まってしまい脱出不能に

仕方ないので板を外して、
圧雪斜面側に投げる。

この横着が大失態へ…

わかるように投げたつもりが、
雪に埋まり一本行方不明に

ひぃ~
何の痕跡もなくきれいに埋まってしまった

汗だくで捜索…
ない、ない…

そこへ、間抜けな姿を見かねたパトさん登場

すると…あっという間に発見

助かりました

朝一から何とも恥ずかしい失態
気をつけねば。

しかし、しかし、この日はこれで終わらず…

このあとさらなる大失態へ


その2へつづく…

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。