富士山 吉田大沢 5月19日 ~シーズン24日目~

5月19日 富士山BC 天気 快晴 気温 6℃(山頂)

ほぼ、ヤマレコからの転記…。


160519_01.jpg
今週も快晴予報!


160519_02.jpg
駐車場から。積雪は先週とそれほど変化ないかな。


160519_04.jpg
シェルターを通過。


160519_05.jpg
ここから標高を上げていく。はぁ~先は長い。


160519_06.jpg
吉田大沢の雪渓末端。あそこまでは滑れそうだ。


160519_07.jpg



160519_08.jpg
小屋前で休憩。


160519_09.jpg
先週はスキー用のパンツだったが、登り、歩きが行程の大半を占めることを考えると、
スキーウェアは必要ないよね。
今日は登りやすさを考えて、登山用のパンツで完全に山登りスタイル。


160519_10.jpg
うわっ!雪崩れとる。


160519_11.jpg
吉田大沢の手前の雪渓。一昨日の雨が原因だろうか。


160519_13.jpg
きれいに切れてます。破断面は深いところで1.5m以上ありそう。


160519_12.jpg
登山道に雪が出始める。


160519_14.jpg
吉田大沢。


160519_15.jpg
はじっこを行く。


160519_16.jpg
八合目手前からスキーブーツとアイゼンに交換。


160519_17.jpg
八合目上からは須走側に出て、シール歩行。
アイゼンで直登の方が早いかもしれないが、山スキーならやっぱりスキーで登りたい。


160519_18.jpg
昨日、ペットボトルのキャップで即席で作った。少しはいい気がする。


160519_19.jpg
この辺りは凹凸がある。


160519_20.jpg
須走側の下部はだいぶ荒れてきているようだ。



160519_21.jpg
クラック。1、2mくらいかなとのぞいてみたら…



160519_22.jpg
深いところで4、5mはありそう。クラックと言うよりクレバス⁉落ちたらやばい。下の方は青々とした氷。


160519_23.jpg
回り込んでパス。


160519_24.jpg
ここからがつらい。でも、先週よりも足は動く感じ。


160519_26.jpg
山頂直下の鳥居。


160519_27.jpg
お鉢巡りも考えたが、やめときます…
来年以降の課題に。


160519_28.jpg
コルから吉田大沢へドロップ。駐車場で一緒になった外国人に後ろから撮影されながら…。


160519_30.jpg
ちょっとデコボコが多かった。


160519_31.jpg
この先も場所によっては凹凸があるが、雪質はまずまず。



160519_32.jpg
大斜面を独占できるのが富士山の魅力。


160519_34.jpg
もうすこし。


160519_36.jpg
二度ほど、板を脱いで雪渓をつなぐ。


160519_37.jpg
滑走終了は2719m。先週は2680mだったので、それほど短くはなっていなかった。


160519_38.jpg
登山道までは標高差300mほど。


160519_39.jpg
最後のわずかな登りが地味にきつい…。


これにて15-16シーズンは滑り納め。
けがなく無事に終えることができたが、やっぱり体力強化が課題だなぁ。



富士山 吉田大沢 5月12日 ~シーズン23日目~

5月12日 富士山BC 天気 快晴 気温 3℃(2300m、AM600)


160512_01.jpg
天気予報通り文句なしの富士登山日和になりそうだ!
不安は一点、4月は乗鞍の一度のみしか行けなかったこと。
またまた間隔があいてしまい、体はだいぶなまっている。


160512_02.jpg
五合目駐車場から。
雪は少ない…でも、去年の写真を見たら同じくらいだった。
まあ、去年も雪解けが早かったからだろうね。


160512_03.jpg
ゲートは少し開いていている。


160512_05.jpg
シェルターは通行できそうだったが、上を回ってみる。


160512_06.jpg
登山道に入る。


160512_07.jpg
登山道は歩きやすいけどジグザグだ。
ショートカットできそうなところは直登する。


160512_08.jpg
今度は歩きにくい溶岩帯へ。


160512_10.jpg
吉田大沢に板が落ちている。


160512_11.jpg
吉田大沢。上部の積雪はまあまあありそうだが、下は少ないようだ。
手前の雪渓は滑走不適。奥の雪渓を滑走しよう。


160512_13.jpg
3260m。この先、雪はつながっていそう。
先行の登山者はアイゼンを付けた。


160512_14.jpg
ジグザグの登山道を行くなら、シールで行った方がいい気がして、登山靴からシール歩行に変えてみる。


160512_15.jpg
早くも滑り下りてきたグループ。吉田口からではないはず。どこから上がった人たちだろうか。


160512_16.jpg
シールに変えたと思ったら、すぐに雪が硬くなってきた。
小屋周辺は際どかった。


160512_17.jpg
慌ててアイゼンに変えたけど、小屋上に出たら、雪は緩んでいた。
再度、シール歩行に切り替える。


160512_18.jpg
須走側の大斜面。
あとはここを登り詰めるだけなのだが、山頂まで200mあまり。
ここからがつらい…。息がすぐ上がる。数歩、登っては休憩の繰り返し。


160512_19.jpg
抜かれた登山者とスノーボーダー。ああ…もう点になっている。
シールでジグ切るより、アイゼンで直登した方が早かったかな。


160512_20.jpg
昨年はこの辺りで、時間切れだった。


160512_21_01.jpg
ようやく山頂直下。


160512_21_02.jpg
山頂!

朝のうちはやや風が吹いていたが、今は無風。
山頂でも暑い。アンダーウェアのみでOK.。
この日、アウターは一度も着ることはなかった。


160512_22.jpg
登ってきた斜面。


160512_23.jpg
山中湖。


160512_24.jpg
河口湖。


160512_26.jpg
左へ回って、お釜と剣ヶ峰を見学。
厳密にはあそこが日本一だが、登頂はまたの機会にしよう。


160512_27.jpg


160512_28.jpg
右回りに戻ってドロップポイントへ。


160512_30.jpg
コルから吉田大沢へ。


160512_31.jpg
ハイクした須走側はザラメとフィルムクラストでよさそうだった。
どっちに行こうか迷ったけど、吉田大沢も最高の条件だった。


160512_32.jpg
どこまでもいい斜面が続く。


160512_33.jpg
まだまだ。


160512_34.jpg
眼下に苦労して登った登山道。
滑ると一瞬だな。


160512_35.jpg
基本、中~大回りだが、条件いいので、ゲレンデの整地並みに小回りもやったりしながら…


160512_36.jpg
雪渓末端まで滑走。


160512_37.jpg
スキーブーツから登山靴に履き替え、あとは砂礫を駆け下りる。


160512_38.jpg
五合目到着。
天気がいいせいか、観光客であふれていた。


シーズンの最終目標であった富士山。
無事に登頂、山頂から滑走できた。
雪の状態もよく滑走は最高だった。
ただ、ちょっと登りで不満あり。
来週、再チャレンジかな!!