かぐら 2月25日 ~シーズン16日目~


2月25日 かぐらBC 天気 小雪のち晴れ 気温 -10℃

ヤマレコはこちら。

160225_33.jpg

武尊山で初めてのルートに挑戦するか、安心確実なかぐらにするか、
熟考しながら関越を北上する。
今季は雪が少ない上、情報がほとんどないのが不安要素。
行けばなんとかなるさと、根拠のない自信に惑わされるが、
雲がかかった山を見て、かぐらに決める。
回復予報の天気だが、初めての場所で視界不良は怖い。

昨日から降雪あったが、ゲレンデ内は底付きがある。
ジャイアント、ツリーラン、5ロマを一本滑ってBCエリアへ。


160225_01.jpg
多くのガイドツアーやパーティーで賑わうゲート付近。
すでに何組か出発している。


160225_04.jpg
今日はトレースいっぱいありと思ったら、なぜか私の進路にはトレースない…。
トレースは神楽ヶ峰と中尾根直登ルートのよう。
今日は素直に中尾根ピークを経由するつもりだったので、すぐにラッセル開始。
中尾根に行けばトレースあるかと思ったが、トレースなし。


160225_05.jpg
中尾根を越える。いい具合に積雪あって、シール滑走も問題なし。
中尾根から先は雪がやや深くなり、ラッセルは膝下くらい。
結局、この日は一日フルラッセル。
北斜面お先に一本やってから三角へ行くか迷ったが、体力あるうちにと思い予定通り三角を目指す。


160225_06.jpg
三角の急登へ取り付く。ピークはガスで見えない。
ガスっていると三角は滑りにくい。
が、今年は雪が少ないので、木がいつもより多く、いい目標になりそうだ。


160225_07.jpg
あの木の奥あたりを滑ろうか…滑走ラインを考えながら登る。


160225_08.jpg
急登の半分くらいのところで下を振り返る。
稜線上の雪庇は少なく、比較的平坦だ。
雪は柔らかいので、クトーも必要ない。
シールのみで登っていける。
きれいな滑走斜面を登りのトレースで汚したくないので、稜線上で細かくジグをきる。
後続は来なそうだし、ひとりなら関係ないのだが、なんとなくね。


160225_09.jpg
ピーク到着。
滑走準備しながら、ガスが晴れないかしばし待ってみる。


160225_10.jpg
視界はこんな感じ…見えなくはないんだが、前半の斜面変化がわかりづらいんだよね。
時間がもったいないので、若干のガスの中、ドロップ。
案の定、出だしの斜面のウネリでバランスを崩しかけた。
中間からは視界も良くなり、ばっちり決まる。


160225_12.jpg
三角は南向きで、すぐに雪は重くなるが、今日は今まででベストなくらいいい雪だった。
当然、もう一本行きたくなるが、やはりガスが掛かり気味。



160225_13.jpg
中尾根に戻ることとにする。
稜線までトラバース気味に上がっていく。





160225_14.jpg
人の多い休日にこの斜面をトラバースしてたらひんしゅくだな。
でも、今日は誰もいない。独り占め。


160225_15.jpg
時折、雲の合間から薄日が差すようになる。


160225_16.jpg
いいなぁ。静かだなぁ。
風なし、気温は低い、雪も軽い。
快晴もいいけど、日射の影響を受けないうす曇りが一番いいよね。


160225_18.jpg
稜線で自分のトレースに乗る。



160225_19.jpg
北斜面はやはりシュプールが多い。
ラインを選べばまだ行けそう。


160225_19_1.jpg
沢状地形を回り込んでここから行く。
距離は短かったが、オーバーヘッド。


160225_20.jpg
樹林帯から登り返す。
三角の斜面が見通せるようになった。


160225_22.jpg
だいぶ晴れてきた。


160225_23.jpg
霧ノ塔方面。


160225_24.jpg
あの辺は見てるといつも滑りたくなるけど、条件が難しそう。


160225_26.jpg
晴れるならもう一本、三角行きたかったな。


160225_25.jpg
いや~何度見みてもいい(笑)
登り返しを考えて、中間から右に行ってしまったが、
もう少し左に滑っていれば、もっとかっこ良かったな。


160225_27.jpg
北斜面2本目はここから。


160225_28.jpg
最後は中尾根上に登り返して南斜面へ。


160225_29.jpg
雪はまだ良さそうだが、下の方は五ロマから回ってきたトレースでガタガタ。


160225_30.jpg
では、四本目はここから!
陽が出たのは遅かったので、雪はまだいい。
シュプールだらけなのは覚悟したが、落ち込みの先に5ロマから深く硬いトラバースラインが伸びていた!!
あやうく吹っ飛びそうになる。


160225_31.jpg
リフトからあそこをトラバースするのは勘弁してほしいな…。
毎年、雪崩やクラックのはいるところで危ないと思うけど。


今日はもしかしたら、シーズン最後のパウダーか⁉
例年なら3月でも期待できるが、今年はもうダメな気が…。

ほおのき平スキー場 2月19日 ~シーズン15日目~

2月19日 ほおのき平 天気 くもり 気温 0℃

平湯温泉スキー旅行2日目。
朝起きたら腰が痛い。
おまけに左膝も痛い。
昨日、ブッシュに板を引っかけたときに知らぬ間にひねったか⁉
山はあきらめてゲレンデスキーとする。


160219_03.jpg
平湯温泉から車で10分ほどの「ほおのき平スキー場」。
昨日の猫岳登高中に見えたスキーである。
私自身は初めてであり、駐車場を見渡しても関東圏ナンバーは見当たらない。


160219_01.jpg
私の勝手なイメージに反して、意外に広い⁉
リフトは5基あり、平日だがすべて稼働している。


160219_02.jpg
残念なのは、良さそうな斜面が軒並み閉鎖中であったこと。
事前にHPを見たときは、中、上級コースの半分以上がクローズしていて、
平日の節約営業か?と思ったが、どうやら積雪不足が原因のようである。


160219_04.jpg
急斜面が結構あるのだが、軒並みこんな感じで地面が露出している。
非圧雪のコースも多いので、雪がガンガンに降っているときも楽しそうである。

ところで、ゲレンデスキー(整地)は蔵王以来になるが、
こんな時に限って山スキーの板しか持ってきていなかった。
仕方ないので、クンバックで整地を飛ばす…
数本滑ってなんとなく感じがつかめたが、やっぱり高速になるとテックビンディングがちと怖い。

半日券2050円で9時から11時半まで滑って終了。
クローズのコースが多かったが、それでもそれなりに滑走感のあるコースで楽しかった。
これで全コースOKなら、もっと良かったはず。
関東から日帰りの選択肢には入りずらいが、
山スキー半分、ゲレンデ半分で泊まり来るときにはいいかもしれない。

宿は12時チェックアウトなので、子供と相方を迎えに行く。
ひらゆの森で温泉に入りと食事をとってのんびりして帰宅した。

猫岳・大崩山 2月18日 ~シーズン14日目~


2月18日 猫岳・大崩山BC 天気 快晴 気温 -9~-5℃

2週間前に続き、一泊で平湯温泉へスキー旅行。
子供と相方には前回よりもすこ~し早起きを頑張ってもらって8時前に平湯着。


160218_01.jpg
看板横からスタート。
前日の冬型から高気圧ど真ん中の当日。
天気は約束されているが、平湯周辺は期待したほど降雪はなかったようだ。
駐車地には今週も私の車一台のみで孤独な戦いになりそう…。
登り始めて5、10分でスキーアイゼンをIONのと間違えたことに気付く。
今日はクンバック、ディナフィットだった。
すぐに車に戻って交換するが、貴重な時間をロスしてしまう。


160218_03.jpg
牧場の急斜面は2週間前と同じ条件で硬い雪面に5~10㎝ほど新雪が乗っている。
が、全体の積雪はかなり少ない。2月なのに2週間前より積雪が減っているとは…。
先日の雨が効いているようだ。
場所によってはクトーは土に刺しているくらいだ。


160218_04.jpg
この辺りは気持ちいい。


160218_05.jpg
2時間ほどで夫婦松。
山頂が見えたぞ!


160218_06.jpg
右手には白山?いつか登れる日がくるだろうか⁉


160218_07.jpg
尾根沿いの樹林帯を進むが、標高が上がるにつれ積雪は増え、登高は問題なくなる。
2度目なので、ルートの感じはだいたいつかめている。
ラッセルにはなるが、トレースがない分、逆に惑わされず、自分のラインで登っていける。


160218_09.jpg
まもなく前回引き返したスカイラインの2228m地点。
ここから先はもちろん初めて。


160218_10.jpg
森林限界?と思ったがすぐ森に戻る。


160218_11.jpg
2290m付近からスカイライン上を歩く。


160218_12.jpg
猫岳が見えたが、あの急斜面登るの⁉


160218_13.jpg
スカイラインの緩い登りとなかなか近づかない感覚にラッセルがこたえる。


160218_14.jpg
ようやく急斜面に取り付く。


160218_15.jpg
スカイラインから見えたときは急斜面にビビったが、
雪が吹きだまっており意外に登りやすい。


160218_16.jpg
ようやく森林限界。


160218_17.jpg
森林限界を越えると雪面はクラストしているが、クランポンが効くので、スキーのまま行けた。



160218_18.jpg
あともう一息。まもなく風が強くなる。


160218_26.jpg
猫岳山頂!!


160218_22.jpg
山頂へ登りあげると、四ツ岳と乗鞍の山々がどーんと姿を現す。


160218_21.jpg
四ツ岳。


160218_20.jpg
烏帽子岳。


160218_24.jpg
乗鞍スカイライン。


160218_23.jpg
焼岳と穂高。


160218_27.jpg
写真を撮って下山の準備。
大崩山との鞍部まで滑り、シール装着後、大崩山へ登り返し。
わずかな距離だが、登りの筋肉は使い果たして足は重い。


160218_28.jpg
再び四ツ岳。


160218_31.jpg
大崩山山頂。
強風の猫岳に比べ、不思議と風もなく、新雪でふかふかな山頂。


160218_29.jpg
二週間前、途中まで行った金山岩。
明日はあそこか!と思っていたが…。


160218_32.jpg
北東側は切りたっていて、覗き込むと足がすくむ。
今日の宿、平湯温泉街が見える。


160218_33.jpg
大崩山山頂から滑走に入る。
メインとなる滑走のはずだったが、右手が切り立った斜面だったので、
無意識に左に寄りすぎてしまったのか、予定より西側のラインを降りてしまう。
樹間が狭く、新雪の下はガリガリで、ターンを刻むのは難しい…。
もう少し新雪があればスピードコントロールできそうだったが仕方ない。
安全第一で滑り降りる。


160218_35.jpg
目の前を木から木へ何かが飛んだ⁉


160218_34.jpg
標高の高い雪山で鳥?と思って近づいてみると何ともかわいらしい動物。
モモンガのようだ。
怖くてフリーズしてしまったのか、3mほどまで近寄っても逃げなかった。


スカイラインに出てからは登りのトレースに沿いながら降りる。
硬い雪面が隠れているが、斜度は緩いのでスピードはコントロールできる。
牧場の急斜面は滑走はそろそろ厳しい。
登りはいいが、下りはブッシュ多く、地面もだいぶ出ている。
板の傷は覚悟の上で滑る必要あり。

二度目にして山頂に到達でき充実した一日となった。
以前は滑走が目的の山行にしか興味がなかったが、
最近は今日のように楽しい滑りがなくても良いと思えるようになってきた。
今回は天気にも助けられたが、危険個所はそれほどないので、また、来たいと思うルートである。
でも、次回は滑走もばっちり決めたいね。
今日の条件だったら、鞍部からは吹きだまりポイントでよさそうだ。
大崩山からの滑走も尾根沿いに行けばもっと良かったのかもしれない。

ヤマレコにも載せてあります。
ヤマレコ