平標山 3月27日 ~シーズン21日目~

3月27日 平標BC 天候 曇り時々雨 気温 7℃(駐車場)、1℃(トップ)

しばらく高温の日が続いたが、
今日は少し冷えるよう。
雨マークも出ている。

シーズン的にそろそろ最後のチャンスと思い、
前々から機会を伺っていた平標が第一候補。

天気は徐々に回復するようだが…。
行き先は関越を走りながら考える。

だめそうなら、そのままかぐらへ行くつもりで、
月夜野で降りる。


140327_11chuushajou.jpg
登山口の駐車場は除雪されていた。
他に4,5人のグループがいるようだ。

現地の天気は小雨、山頂方向はガス。

う~ん…まあ行くしかないか!!


140327_01.jpg
駐車場から別荘地の端までは除雪済み。
少しでも楽をしようとブーツは履かずにサンダルで歩く


140327_02.jpg
ここからは雪がたっぷり。


140327_03.jpg
ブーツを履いてスキーで登る。


140327_04san.jpg
サンダルはホーマックのビニールに入れて電柱にデポ(笑)


140327_05nadare.jpg
標高1400m付近からガスが出始める…
ヤカイ沢はやはり雪崩れているようだ。
沢の全容はガスの影響でまったくわからない。


140327_06.jpg
樹林帯の急斜面。
去年はカリカリのアイスバーンで、
苦労したっけな。

今日は雪が柔らかく、シールの食いつきも良い。
2,3回、ジグきったのみで、
あとはほぼ直登で行けた。


140327_07.jpg
稜線手前は藪が出ている。
雪の付いているところを選びながら登る。


140327_08ryosen.jpg
稜線にでると風が当たりだす。
ここから長いんだよね…
山頂まで標高差は大したことないのに。


140327_12kion.jpg
この時点で気温は2~3℃。
雨からあられ状になってくる。


140327_09usiro.jpg
後ろを振り返る。
見えない~


140327_10sanchou.jpg
ついに山頂!!
北西方向から強い風が吹き付けている。


140327_10_1.jpg
カメラのレンズが一瞬で濡れる
記念撮影している余裕はなく、
寒いのですぐ風裏へ行って休憩。

ヤカイ沢を降りたかったが、
ガスでまったく様子がわからないので、
あきらめる。

登ってきたルートか小屋まで降りるか。
とりあえず雪の様子を見ながら、
2、3ターン…

って、えっ!!

板が回らない!!

出だしからこけそうになりながら、
必死にターン

木や藪があれば何となく地形もわかるのだが、
雪面のみだとガスと雪の境がわからない。

ストップ雪だし、板は回らないし、見えないし…
の三重苦

あまり左に行ってはダメだったよな…
GPSを確認しながら、
ズルズル滑っていると、
大きなクラックの上に出てしまう。
回り込みもできないので、
行きのルートをたどることにする。

もうこうなったら、早く帰りたいだけなので、
最短ルートをたどろう。


130315_gezan_ryosen_kassou.jpg
画像は昨年。
天気良ければ、こんなに展望きくのにな…


結局、山頂から下まで、
板は全く滑らず…。
ただ、降りるだけのスキーに。

ああ、今度はパウダー期に来たいよ~


かぐらスキー場 3月20日 ~シーズン20日目~

3月20日 かぐら 天候 雪のち雨 気温0℃

140320_01top.jpg
冬型の気圧配置になりつつあったこの日。
駐車場はポツポツと雨模様。
みつまたから上は雪となる


140320_02pano.jpg
朝のうちは、結構、カリカリ。
クンバックで硬いバーンでスピード上がると、
パノラマでもやはり少し怖い。
新雪が薄っすら積もったところのほうが、
ブレーキになって、逆にいい感じ。


140320_03pano.jpg
田代湖もまだ真っ白。


140320_04goroma.jpg
5ロマは予定通りオープン。
写真で見ると良さそうに見えるが、
おそらくガリガリ、ガタガタ。

そのまま、上に登ることにする。


140320_05goroma.jpg
5ロマトップは風が強い。
木の陰で風を避けながら、
ハイクアップの準備。

先行した人も、これから上がる人もいない模様…

新雪量も多くないので、
中尾根から雁ヶ峰へのツアーコースを行こうと思ったが、
風が強いので、途中で計画変更。


140320_06peak.jpg
神楽ヶ峰手前のピークで滑走準備。
風が強い


140320_07.jpg
少し降りたところで休憩。
ここは風の影響なし


140320_08.jpg
反射板からスタート。


140320_09.jpg
まあまあ吹きだまっていて、
斜面も滑らか。

まずまずの滑走感を味わい、
メインゲレンデに戻る。

朝はよく走っていたバーンだが、
ストップ雪に変わっていた。
踏まれているメインはまだいいが、
新雪があるジャイアントはまったく板が走らない。

一高トップは雪だが、
ゴンドラ前は雨に変化。


14時前、今日は指輪をお店に取りに行くという使命があるので、
早めに切り上げる





ルスツリゾート 3月14日 ~シーズン19日目~ その3

3月14日 ルスツ 天候 晴れのち曇り

北海道スキーツアー最終日の3日目
今日は移動があるので、
滑走はギリギリまで滑ったとして15時まで。


140314_022mono.jpg
まずはホテルからモノレールで移動。


140314_03west.jpg
最終日はウエストから。

まだ、山頂に行ってないので、
朝一に行っておこうと思ったが、
ゴンドラは運休…
風が強いからかな!?
それとも、もともと運休中!?


140314_12.jpg
天気もバーンもいいので、
写真を撮ってもらう。

連写モードで撮ってもらうが、
こんなに小さかったり…


140314_11.jpg
脚だけだったり…

なかには、
雪しか写ってなかったり…

何十枚も撮って、
まあいいのは1~2枚!?

ブログに乗せるのは、
あえてよく写ってないもので


ところで、今回の宿泊先であるルスツタワーを紹介。
23階建てで全室スイートタイプらしい。


140314_01heya.jpg
部屋は1階と2階に分かれていて、
右手奥の階段を上ると寝室

朝からスキーばっかりで、
1階はナイター前の休憩時しか使わなかった
でも、ゆったりゴージャスな感じで、
ちょっとは新婚旅行っぽい雰囲気だせたかな!?


140314_10hoteru.jpg
エレベーター前。


140314_02robii.jpg
ロビー。

お客さんはアジア系の人が多い。
モノレールを待っているときなど、
前後左右、外国の人に囲まれ、
国内旅行のはずなのにアウェイな感じを味わう


話を戻して…



140314_05.jpg
ウエストのダイナミックコースとバンビコースを
数本、流したところで、
ゴンドラでイースト方面へ移動。


140314_06.jpg
さらにイゾラヘ。


140314_07.jpg
林間から見える青空がまぶしい。


140314_gopro.jpg
イゾラでは一脚にGoProを付けて、
撮影してみた。

いつもはヘルメット固定だが、
アングルが変わるとまた楽しい。

で、リフトで自撮りしていたら、
リフト降車時にGoProを搬器に置いたまま降りてしまった

普段から、グローブとかよく忘れちゃうんですよね…

降りた直後に気付いたので、
リフト係に搬器NO.を告げ、
乗り場で確保してもらう…


140314_08izora.jpg
三日間とも、快晴とまではいかなかったが、
おおむね晴れか曇りで天候は安定していた。

降雪にはあたらなかったが、
これはこれで、よかったのだろう。

新雪パウダーは来季以降の楽しみに。


レンタカーの返却時間は19時まで。
逆算すると、滑走は15時まで。
余裕をもって16時にはでないと!!

と思うと、時間が惜しくなり、
結局、お昼はチョコのみで済ませ、
最終日も15時まで滑り倒し

急いで温泉に入り、パッキング。
板三台のうち二台は宅急便。

思った以上にパッキングに手間取り、
ホテルを出たのは、16時45分ごろ

カーナビの予定到着時刻だと、
ゆうに19時をまわっているが、
18時半前には千歳着。
まあ、何とかできるのが北海道。


140314_09chitose.jpg
空港でお土産を購入し、
夕食を頂く。

21時発の便で、夢の雪国から、
現実の国、東京へ


さて、
今回は一応、新婚旅行第三弾だったわけだが…

年末年始の草津・万座3泊3.5日、
2月の苗場1泊2日、
そして、ルスツ2泊3日。

あわせれば、6泊8.5日で、日数だけは人並みになったかな…
全日スキー、全部国内。
私は大満足だが、
普通なら大ブーイング必至?

まあ、仕事柄、長期の休暇はとれないので、
何とかこれで勘弁してもらいます!!

今後もいっぱいスキーに連れて行くってことで

ルスツリゾート 3月13日 ~シーズン18日目~ その2

3月13日 ルスツ 天候 曇り

北海道2日目
夜も明けぬ5時前に自然と目が覚める。
仕事の日には絶対に有り得ない~
朝食は6時半からバイキング。


140313_01hotel.jpg
ホテルの部屋から。


140313_02.jpg
見るところはやっぱりゲレンデ外
あの辺り滑りた~い。


140313_03renta.jpg
夜の間の降雪は薄っすらと車にのるくらい…

ちなみに、これは今回の旅の相棒(レンタカー)。
久しぶりにATを運転した


140313_04juhyou.jpg
この日もイーストMt.から。
頂上付近は樹氷がきれい。


140313_05touya.jpg
Mt.イゾラ。
今日も洞爺湖を見下ろす。


140313_06youtei.jpg
羊蹄山の上は雲の中。


140313_07niseko.jpg
羊蹄山の左奥に見えるゲレンデは、
ニセコかな。
次は、ニセコに行きたいな

初日にケオッズでコースの概要は、
だいたいつかめたので、
今日はロッカー2で出撃


140313_11.jpg
さあ、ツリーランスタート。

しかし、これだけ広いルスツでも、
滑れそうな斜面という斜面には、
すでにトラックが入っている。

降雪直後でないと、いい条件で滑るのは、
なかなか難しそうだ。

それでも、所々、いい感じのところがあり、
北海道の新雪を少し味わえた。


140313_10hiru.jpg
休憩はスティームボートのカフェテリア。


140313_12.jpg
外国人に笑顔でゲレンデ案内(?)し、
ビンディングを前後逆に付けた板で、
後ろ向きにスティームボートBを繰り返し滑っていたお父さん

ツインチップにすればいい…ん…じゃ
…いや、きっと、何か意味があるはずだ!?


140313_08lifuto.jpg
イゾラの最奥のクワッド。
普段は平日の減速運転の高速リフトばかり乗っているせいか、
とても早く感じる。


140313_14.jpg
ところで、ルスツのコースは縦につながるレイアウトではなく、
横に並んだ三山、それぞれに山頂から扇状にコースが広がっている。
一本一本のコースは長いので、滑りごたえはそれなりにある。


140313_09naitar.jpg
16時過ぎまで滑ったところで、
一度ホテルに戻り、
17時過ぎ、ナイターに出撃

日中は細かいこと言わずに滑ったが、
疲れも溜まっているはず。
フリーだとグダグダになりそうなので、
相方に基礎練を仕込む。
大回りはだいたい様になってきたので、
小回りを少し導入してみる。

逆ひねり…まだ、難しいかな…

19時頃まで、ナイターを滑り、
急いでお風呂へ。


140313_13yoru.jpg
夕食は再び、ウエスト側へモノレールで移動。

今回のツアーは三食付き!!
牛、豚、鳥、羊、鹿、骨付きソーセージのセットを頼む。
閉店まで1時間弱!
あわただしく平らげた

さあ、明日はいよいよ最終日の3日目!!

つづく