かたしな高原 2月27日 ~シーズン15日目~

2月27日 かたしな高原 天候 曇り 気温 2℃

先週とは打って変わり、プラス気温
東京出発時、すでに雨がパラパラ…
予報だと群馬方面は曇りで何とか持ちそうなので、
行き先は沼田に決める。

オグナかな?とも思ったが、
初心者もいるので…


関東唯一のスキーオンリーのゲレンデへ

計算すると9年ぶり、二度目のかたしな高原。
なつかしい…ここで、一級落ちたんだよな…
で、くやしくて、翌週すぐ受け直しに行ったっけ


140227_kodomo.jpg
子供用の施設も充実。


140227_mein2.jpg
先週の苗場とは対照的に超ローカルな雰囲気
そして、ほぼ貸切状態…

バーンはやや硬めで、
時折、ボール状の塊がありやや注意。


140227_kamoshika.jpg
コース脇でカモシカを発見。
近寄っても逃げない。
岩鞍でもみかける個体かな!?


140227_lifuto.jpg
リフトはすべてスロー…
そして、ながい!!

滑っている時間に比べ、
と~ってもリフト乗車時間が長いと感じてしまう。
足置きもないので、長い乗車時間は膝にくる

リフトに乗りながら、
検定以来、来てなかった理由を思い出した気が…
ゲレンデはいいんだけどね…

まあ、リフトは遅いが、
平日パックで食事券ついて2500円!!
文句は言えません…


140227_lanchi.jpg
お昼はチャイルドイン。
HPによると今シーズンよりできたみたい。
ちょっとおしゃれな感じ。


140227_lanchi2.jpg
注文後に調理してくれるようで、
チキンはアッツアツ!!

これで、十分お腹は満たされたが、
甘いものを食べたくなり、
クレープまで頂いてしまった。


140227_pole.jpg
一般向けのポールバーン。
別料金らしい。


昼前から少し雪が滑らなくなり始めていたが、
休憩明けは、それがより顕著に。

急斜面でもスピードがでない


140227_kobu.jpg
かえでコース脇にゆったり大きめのコブ…のはず。

リフトからその存在に気付いた相方…

「あのウェーブ行きたい」

なんて怖いもの知らずな初心者めっ!!

じゃあ、コブがどんなに難しいか、
一度、入って体験してみなさい!!

あれ!?

向かって右側は本当にウェーブのようで、
難なくすべり降りてしまった…

そのうち、コブの難しさは、
嫌でも分かるでしょう。


140227_aozora.jpg
朝のうちは雪がちらついていた。
帰り際には一瞬、青空も見えたが、
結局、一日を通して曇り。
でも、雨は避けられたのでよかった。


140227_saigo.jpg
今週も16時近くまで、
きっちり滑りあがることに。

帰りの温泉はほっこりの湯
初めて立ち寄った。
施設はこじんまりした感じ。
ピーク時は混雑するのかも

苗場スキー場 2月20・21日 ~シーズン13・14日目~ その2

2月21日 苗場 天候 雪 気温-10℃

その1からのつづき。

140221_01hotel.jpg
前夜は22時には寝てしまったので
朝5時頃、ふと目が覚める。

ホテル前を圧雪中のようだ。
「お~積もっている


140221_02hotel.jpg
夜が明けてからは、
降り方がいっそう強くなった

「こりゃ、ゲレンデはボコボコだよ~」

なんて、初心者の相方を気遣いつつも、
心の中ではルンルンの私


荷物を移動やチェックアウで、
滑走開始は9時ごろに。

もちろん、一本目からゴンドラへ

新雪でモコモコ、ボコボコの大斜面を、
相方は何とか滑り降りたが、
だいぶ足に来たようだ

しかし、新雪に目がくらんでいる私は、
非情にも男子スラロームの入口から別行動

相方にはわくわくコースへ行ってもらう。

一本目、若干底付きはあるが、
かぐらにはない新雪急斜面だぁ~
斜度感覚に戸惑い、ちょっとバタつく

二本目は女子リーゼンへ。
ここも新雪まだたっぷり

再び、男子スラロームへ。
今度は余裕をもって滑れたかな!?

男子スラロームの状況はこんな感じ↓




かぐらで30分でも出遅れたら、
ジャイアントもテクニカルも
しゅ~りょ~!!って感じだが、
苗場は競争率が低い!!

パウダーエリアが広いのもあるのかな。

ゲレンデ内で新雪狙うなら、
かぐらよりも苗場がいいのかも…と、
苗場を少し見直す


ひととおりパウダー滑ったところで、
筍山でゆっくり滑ろうと山頂へ。


140221_takenoko.jpg
と、なんと!!
ひとり、ふたりと、
昨日はクローズしていた正面の筍山ゲレンデを、
降りてくる!!
開くとは思っていなかったので、
びっくり

私は5人目あたりで、ドロップイン!!
もちろん、面ツル、ノートラック!!

底付きなしで最高の雪質に、
雄叫びの連続。

上と下の画像は二本目のとき。


140221_takenoko02.jpg
左はまだ面ツル


140221_takenoko04.jpg
5,6本はノートラックで頂いた。
文句なしで、今シーズンのベストラン!!(2月21日現在)

この時、GoProはバッテリー切れ…
もったいない、いい画が撮れたのにな…。


140221_ohiru.jpg
お昼はレストラン プリンス。


休憩後も筍山へ。
食べ残しのパウダーを拾い集めて滑る。

リフトに乗っていると…
あっ!!
ボーダーがひとり、ロープをくぐった!!

何とも間が悪いボーダーだ

下にはパトロールが三人ほどいるのに…

案の定、スノーモービルのサイレンと笛を鳴らされ、
即、現行犯逮捕

どうやらリフト券は没収のようだ

ここは苗場、
郷に入っては郷に従えですな…


食べ残しもなくなったところで、
大斜面横の迂回路からドラゴンドラ連絡コースへ数本。

15時前、フードコートで小休憩。

私はもう第3高速で終了かなと思っていたら、
相方はまだゴンドラに乗りたいらしい。

じゃあ、最後と言うことで、
15時半前に最終のゴンドラへ。

連絡コースでは小回りらしい感じの滑りもできるようになった相方。
レッスンの終わったポールバーンで最後の新雪を楽しみ、
16時半、滑走終了。

総評
何だかんだ言って、やっぱり苗場は、
スキーの王様ですな。
ファミリーやグループで泊まりで楽しむには、
もってこいです。
コアに楽しむにはかぐらですが



苗場スキー場 2月20・21日 ~シーズン13・14日目~ その1

2月20日 苗場 天候 晴れのち曇り 気温-10℃

今週は通常の木曜休みプラス金曜日に休暇を取り、
一泊で苗場へ。

一応、新婚旅行第二弾
文句も言わず、付いてきてくれる相方に感謝

ちなみに、三月には第三弾を予定
もちろんスキーの予定


先週の関東大雪で関越と圏央道の通行止めが続き、
ちょっとヤキモキしたが無事に前日までには通行可能となった。


140220_kanetsu.jpg
このあたりは、1.5車線な感じ。
土日もこのままだと渋滞しそうだ…。


140220_01daisan.jpg
8時すぎ苗場着。
気温は低く、朝一のグルーミングバーンは最高の状態!!


140220_02takenoko.jpg
第二ゴンドラから筍平ロマンスリフトへ。

前日の3日間滞在していた知人によると、
風強く上部のリフトが動いてなかったようなので、
何ともラッキー
Fさん、見てる~!?


140220_04takenoko.jpg
樹氷をバックに写真を撮っていると…


140220_03takenoko.jpg
筍山ロマンスリフトが動き出した!!
何ともおいしそうな斜面!!


140220_takenoko05.jpg
10時始動らしく、5分程乗り場で始動待ち。

2番目ゲットして、
はやる気持ちを抑えきれない状態で、
山頂に着くも、
正面の急斜面、筍山ゲレンデはクローズが判明


140220_takenoko06.jpg
ああ、まさにお預け状態
リフトから見えるのに滑れないなんて…

もし、ここが「か〇ら」ならね…
でも、ここは苗場…
おとなしく林間コースを滑る。
正確にはおとなしくではありませんが


140220_05daisha.jpg
大斜面。


140220_ohiru.jpg
お昼は和食の松風。
そこから見えるスプラッシュボウル閉鎖中の案内。

筍山もスプラッシュボウルも開いているの見たことないぞ!!
と、お昼を食べながら不満たらたら…


午後は曇りとなり、雪もちらちら。
第2ゴンドラ、第3高速を中心にまわし、
16時半ごろまでみっちり滑る。

今回はあまり細かいこと言わず、
基礎錬もせず、相方には自由に滑ってもらう。

写真がそれ程ないので詳しくは省略…


140220_naitaa.jpg
相方は「ナイター行きた~い」なんて、
言っていたが、疲労は限界のはず。

食事の時間もあるし、明日もあるのだからと
ナイターはあきらめてもらう。

夕食はホテル内を色々回ったが、
満席のところやお高い感じだったので、
またもや松風へ。

結局、和食が落ち着く


2日目につづく

かぐらスキー場 2月13日 ~シーズン12日目~

2月13日 かぐら 天候 雪

今週も奥は体調不良のためお留守番。
2週続けてかぐらへ


140213_goroma1.jpg
五ロマ始動直後。

前夜の降雪はなく、朝方から降り出した模様?
先週に比べ人は少なく、余裕の3、4人目!?
みんなよく知っている

新雪は10㎝程度だったかな…

(10日前のことなので、ちょっと不確か…)

下は硬くガタガタ、滑りづらい
2本目は田代方向へ降りてみる。
やっぱり条件は同じだ…


140213_hike1.jpg
ならばと、五ロマトップへ戻り、
早速ハイクアップ。
反射板方向が続いていたので、
今日は中尾根方向へ行ってみたい。


140213_hike2.jpg
中尾根ピーク。
10人くらいの団体様。
どこかのガイドツアーだろうか。
この日は他にもツアーがいたようだ。


140213_hike3.jpg
先のグループは北斜面に行くよう。
私は三角斜面を目指すことにした。

ここまで来ると、実に静か。
先行者のトレースはなく、
新雪量もなかなか。


140213_hike4.jpg
三角斜面は薄っすらとしか見えない。
ピークまで行って、視界不良は悲しいので、
手前の稜線から一本ドロップ


140213_sankaku1.jpg
距離は短いが、斜度があるので、
なかなか良かった。

楽しんだ分はまた登らなければ…

三角ピークを目指す。


140213_sankaku2.jpg
稜線に戻った。


140213_sankaku3.jpg
このくらいで視界が安定してくれれば…


140213_sankaku4.jpg
ピーク到着。
久しぶりの光景。
一年ぶりに戻れたことにちょっと感動


140213_sankaku5.jpg
ドロップ方向。
視界はよくない…

それでも、雪の状態は最高だ

少しでもいい視界のなかで、
ばっちり決めたいぞ!!


140213_sankaku6.jpg
懸案のクンバック+スカルパコンビで!!


ちょっと待ってみたが、
クリアにはなりそうにない。

あきらめて、ドロップ

が…

ガーン!!

前後のバランスがとれない

こけそうになり、
途中でブレーキ…

視界不良のせい?
道具のせい?
腕のせい?

少なくとも言えることは、
使いこなせていない…
ロッカー2に乗る感覚ではダメなのだろうか

当面の課題になりそうだ