かぐらスキー場 3月22日 ~シーズン20日目~

3月22日 かぐらスキー場 天候 くもり 気温 0℃

先週は腰痛で痛恨の東京残留
今週は新雪の誘惑が勝り、
腰痛悪化覚悟の決死行

120322_main.jpg

そして、この日は朝からアクシデント発生!!

同行者のピックアップのため、
中央道高井戸へ向け出発。

中央道に乗ったところで、
朝、積むつもりだったロッカー2を忘れたことに気づく

慌てて自宅へ引き返し、大幅に時間のロス。
乗り直した時点で6時を回った中央道上りは
既に渋滞発生!!
さらに時間のロス

いつもは出発前夜に載せておく板。
今回はたまたま仕事終わりが遅く、
朝、積めばいいやと思ってしまったのが
いけなかった。

遅れを挽回するため、
ほんの少々!?関越を飛ばす
それでも、予定より一時間以上遅れてしまい、
みつまた9時着に

120322_tekunikaru.jpg
テクニカル、ジャイアントはすでに新雪終了

120322_goromahe.jpg
第一高速からそのまま五ロマへ。

腰も悪いし、今日は量より質!!
最高の一本を求めることに。

120322_goromagai.jpg
開始一時間足らずで、新雪終了してしまった感のあるリフト線下側
一応、コース外…

ならばと、一本反対側へ。
新雪は深い所で20㎝程度。
ところどころ、硬い所はあり。

120322_goromaura.jpg
続いて田代側へ。
ここもノートラックを頂けた。
やっぱりここは大好き!!
大回りが最高に気持ちいい!!

パノラマを経由して、
再び五ロマへ戻りハイクアップの準備。
中尾根方面を目指す。

120322_haiku1.jpg
青空も。

120322_haiku2.jpg
先行者の跡をトレース。

120322_haiku3.jpg
まっさらな新雪がとても気持ちいい。

ゲレンデ側は全く風がなかったけど、
ピーク付近は山向こうから風が吹き付けていた。

気温も氷点下になり、小雪が舞う

「さ、さぶい…」

ランチどころか、景色を楽しむ余裕もなく、
早々に降りることに。

実は…駐車場では晴れていたし、
気温は上がると予想し、
装備は完全に春スキー仕様。

かぐらを舐めていたことを反省

最高の一本を味わい、
ゲレンデへ戻る。

と、ここまで調子の良かった腰の状態。
ゲレンデまでもう少しのところで、
ついに腰が悲鳴を…
左足は神経痛で歩くのもつらい状態に

あぁ…やっぱり来たか…
午後はダメな予感。

レストランかぐらで休憩。
アルコールと痛め止めでなんとか復活。

120322_tashirogawa.jpg
五ロマから田代へ。

軽く田代を流し、
15時すぎ上がることに。

午後はゲレンデ内も風が出始め、
気温も低下。
季節は冬のようで、寒かった~。

スポンサーサイト

明日はリハビリを…

腰は先々週の最悪の状態から脱したけど、
坐骨神経痛がかなり残っている

腰自体も一歩間違えたら、
再起不能になりそう

そんな訳で、明日は当然、
スキーどころではない

普通の人なら…。

だがしかし!!

スキーに関しては普通じゃない自分。

かぐらは今日まで降雪があったうえに、
第一高速から上は終日クローズじゃあ~りませんか

まさに、明日、行かずにいつ行くの?状態。

新雪の五ロマを想像したら、
居ても立っても居られない。

明日でスキー人生が終わってしまうかもしれませんが、
逝ってきます!


間違えた。

行ってきます!!

ゲレンデでリハビリだ

シーズン終了の危機!?

シーズン当初、一時的に悪化した椎間板ヘルニア。
けれど、年が明けてから2月まではいい調子だった。
坐骨神経痛も気にならず、
鎮痛剤もなしで大丈夫だった。

4月、5月のコブシーズンを、
今年は万全の態勢で迎えられると、
ほくそ笑んでいた…

その矢先…

近年では最高レベルの悪化具合

息が詰まるほどの腰痛と、
もだえ苦しむほどの坐骨神経痛と格闘中です

それも、スキーで痛めたのなら、
まだ、あきらめ付くけど、
仕事で痛めたのが悔やまれる…

って、おい!
ふつう逆だろ!

4時間余りの立ち仕事。
ほぼ同じ姿勢を取り続けたのが要因。

はぁ~…

無理せず、なぜ座りながら、
こなさなかったのか、
今でも悔やみ中

と言うことで、
明日はスキーお休みに

かぐら良さそうなのになぁ…

12月から続いていた皆勤賞は、
ついに途絶えます。

さらに、再来週以降は全く持って不透明…

本当に今シーズン終わってしまうのか?

それだけは避けたいよ~




ピラタス蓼科スノーリゾート 3月8日 ~シーズン19日目~

3月8日 ピラタス蓼科 天候 晴れ 気温 2℃

120308_ropeway.jpg

今週は腰が絶不調
冷静に考えてスキーできる状態ではないのに、
友人と事前に約束していたので強行することに。

前日、かぐらへ行った友人によると、
上の方はガリガリだったらしく、
とても楽しめる状態ではなさそう。

腰も悪いので、
ツアー気分で初めてのピラタスへ。

久しぶりの中央道。
諏訪南からビーナスラインへ。
諏訪で降りるよりも諏訪南の方が車が少なく快適。
ブランシュや車山へ行く時は
いつも諏訪南から。

それにしても途中から周囲に車は
全くいなくなり少々不安に。
スキー場に人はいるんだろうか!?

9時前に駐車場着。
よかった!先行車は15台くらい。

120308_rifuto.jpg
なんと今日はメンズデー!!
レディースデーは良くあるけど、
メンズデーに当たったのは初めて!?

9時始発のロープウェイには間に合わず、
9時20分の便で山頂へ。
登山者とスキーヤー半々くらい。

120308_yatsugatake.jpg
ロープウェイから。
八ヶ岳。

120308_nana.jpg
南アルプスだったっけかな?

120308_sanchou2.jpg
山頂は標高2237m。

120308_sanchou.jpg
周囲はひらけていないので、
見晴しはそれほどよくない。

120308_sanchou1.jpg
風もなく登山には最高の気候。

山頂からのコースは林間コースと言った感じ。
斜度は中斜面で腰の悪い私にはちょうど良い。
力が入らないので、軽く傾けて大回りで、
クルージング。

稼働リフトはロープウェイと高速クワッド一本のみ。
いつもなら物足りないコースレイアウトだけど、
腰痛悪化中の身には十分

11時半には昼休憩。
午後もまったりの予定なので、
ビールも遠慮なく頂く

しかし、休憩中、
腰の状態がさらに悪化していることに気づく

とても午後は無理そう。
第一、脱いでしまったブーツを
もう履けない…

腰を曲げて、力を入れられない…。

チーン!終了~!

午後は同行者に一人で滑ってもらうことに

仕方ないので、
おつまみ追加して、
さらにビールを喰らった後、
16時頃までお座敷で昼寝。

帰りは縄文の湯で腰を癒し帰京。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。