むなしい…

昨日の休日は…

完全に仕事フリーだったにもかかわらず…

坐骨神経痛のため…

スキー行きませんでした

シーズン中に仕事も何も予定がないのに、
スキー行かなかったこと…

久しく記憶にございません。

そして、さらに久しぶりの朝寝坊
だらだらと、無意味な一日を過ごしてしまいました

なんという、空虚感…

こんな気持ちになるなら、
やっぱりスキー行った方が良かったかな!?


ところで、暖かい日が続いてますね…
東京は今日、春一番とのこと。

2月にこれだけ暖かい日が続いてしまうと
雪が溶けてしまいそうで心配です。

5月のシーズン終了まではまだまだ。
今のうちにもっともっと雪降ってくれないと


北海道流氷観光&スキー紀行 その3 スキー編

2月17日 ウトロ→ウナベツスキー場→女満別→東京

20110217_unabetsubase.jpg

午前中は流氷を見て回り、
午後はいよいよスキー場へ。

北海道では初めてのスキー
その記念すべきスキー場は…

ニセコでも、トマムでも、ルスツでも、富良野でも

…ありません!

ウトロから車で数十分、ウナベツスキー場!!

リフト一本、ロープ塔一本の
ローカルスキー場!!
見渡す限り、地元の方オンリー!

20110217_liftkeiji.jpg
午後2時からの滑走。
リフト券は2時間券で1200円。

ナイターなら3時間滑っても1300円か!
いいなぁ!

あと、午前、午後のくくりではなく、
時間で区切ってあるので
ちょっと滑りたいときには利用しやすいですね。

床屋さんと一緒で月曜日が定休らしい

リフトは一本ですが、コースは3コース。
それぞれ、前半は急~中斜面、後半は緩斜面の構成。
ロープ塔は緩斜面にかかっており、
この日は運転していませんでした。

20110217_unabetsujoubu.jpg
リフト沿いのコース。
やや片斜面ですが、1枚バーンでとても滑りやすそう。

一本目、リフトでトップへ上がると…

20110217_unabetsuryuhyou02.jpg
眼下にはオホーツク海!!
そして、流氷!!

わかりますか~?
画像、中央あたりに見える白いものがすべて流氷です。
曇っているため、画像だとちょっとわかりにくいですが、
絶景です。

遠くであれば、海が見えるスキー場はあると思いますが、
これだけ間近に海を見ることができるスキー場はなかなかありませんよね。
しかも、流氷も!

ここウナベツに来た目的…もちろんスキーですが、
この景色もひそかに楽しみにしていました

滑走前にしばし、景色を堪能

ゲレンデはきれいに圧雪されており、
午後からにもかかわらず、
荒れているようなところは一切なし。

うまくなったと勘違いしてしまいそうです
荒れてないと腰にもやさしいですね

20110217_unabetsupark.jpg
パークもしっかりあり。

リフト終了の4時まできっちり滑った後は、
ベースにある温泉へ。

斜里で食事後、旅人とはここでお別れ。
羽田行最終便に乗るべく女満別空港へ

スキーはたった2時間の滑走となりましたが、
限られた時間のなか、冬の北海道を体感できました。

本当は2、3日…

いや、1週間、

いやいや、2週間くらい!?

は滞在して、道内のビッグゲレンデを制覇したいな!!

絶対に無理だけど…




北海道流氷観光&スキー紀行 その2 流氷編

2月17日 2日目 ウトロ

今回の旅の二大テーマは、
流氷とスキー。

2日目の午前中は流氷観光がメインとなりました。

前夜は遅くまで、飲食、温泉…
にもかかわらず、6時には起床

とりあえず、朝食前に流氷見たい!
と、海岸へ

20110217_horobetsu01.jpg
流氷は数百メートル沖合に。

20110217_horobetsu02.jpg
わかりますか?白い帯状のが流氷。

流氷はその日の風向きなどで、接岸状態が刻々と変わる模様。
この後、さらに離れて行ってしまうのか?
それとも近づいてくれるのか?

間近で見られることを期待して
一旦、ホテルへ戻る。

朝食を済ませ、ふと部屋の窓から海を眺めると…

201102017_hotelyori.jpg
流氷が朝より近づいている

お~!
これが、自称「何かをもっている旅人」のパワーか!!

チェックアウト後、ホテルの目の前にあったスキー場へ。

20110217_utoroskijou.jpg
おそらく「ウトロスキー場」。
超ローカルスキー場です。
ロープ塔一本。
北海道はこのような地元民向けのローカルスキー場が
たくさんあるみたい。

人影は全くありませんが、音楽は流れていたので、
営業はしていたのかな?

スキーは午後にウナベツで滑走予定なので、
ここは見学のみで、海岸へ。

20110217_horobetsu03.jpg
朝一よりは接岸してきていますが、
まだ、岸からは距離あり

20110217_horobetsukaigan.jpg
海岸沿いには、乗り上げた流氷の塊。

20110217_oowashi.jpg
流氷の上には天然記念物のオオワシが!!

安いデジカメではこれが限界。
双眼鏡ではもっとはっきりと観察できました

ところで、この場所、河口になっており、
夏から秋にかけてカラフトマスやサケが遡上してきます。

それと同じく、うちら釣り人も、サケが生まれた川に戻るがごとく、
時期になるとここへ戻ってきます。

ここ数年は、旅人も私も忙しくて戻れませんが…

20110217_horobetsukakou_20110220204314.jpg
20110217_horobetsutabibito_20110220204314.jpg
流氷と旅人
思入れのあるこの地で記念撮影。

その後、岩尾別方面へ。
20110217_shiretokorenzan01.jpg
この先の露天風呂へ行きたかったのですが、
残念ながら、通行止めに

後方にはきれいに冠雪した、知床連山!

20110217_utorogyokou.jpg

ウトロ漁港へ。
ここでは完全に接岸していました。

20110217_gyokouwashi.jpg

漁港では、より近くにオオワシを発見!
これはオジロワシなのかな!?

まずは、今旅、二大テーマのひとつである、流氷はクリア!
本当は海上の流氷に乗りたかったのですが、
そこまで大きな流氷は接岸していませんでした。
やっぱり温暖化の影響かもしれません。

「流氷に乗る!」
これは、またの機会に!

次回は2日目後半、いよいよスキー編です!

つづく…


北海道流氷観光&スキー紀行 その1 移動編

2月16日 東京→女満別→ウトロ

20110216_yuuhi.jpg

2月前半の慌ただしかった仕事の流れも一段落。

定休の木曜日プラス、前日の水曜日午後をズル休み
前々から行きたかった冬の北海道へ!!

午後2:40頃、自宅を出発。
直前までチェックしていた渋滞情報によれば、
首都高はガラガラ。

ところが、中央道のインター入り口で
事故渋滞4㎞の表示

余裕で間に合うはずが、ギリギリに

20110216_skimado.jpg

飛行機の窓から。
気になるのはやっぱりスキー場!
はて?あそこはどこのスキー場なのかな!?

18時、女満別空港へ到着。

この「女満別空港」と言うところが、
今回の旅のポイント

周囲にメジャーなスキー場があるわけでもありません。
空港内を見渡せど、スキー板担いでいるような人間は私、ひとり…。

空港前でレンタカーを借り、
今夜の宿泊地、知床のウトロへ急行!

雪道はそれなりに慣れているつもり
でも、レンタカーで初の冬の北海道
最初は慎重に…
でも、感覚つかんだら、すぐに夏と同じペースに

途中、ナイターオープン中のゲレンデが視界に

スキーできる時間はないけど、素通りはできません
吸い寄せられるように寄り道。

20110216_unabetu.jpg

ウナベツスキー場。
ここで、明日、滑走予定。
写真をとったら、後ろ髪をひかれつつ、
ウトロへ再出発。

20110216_oshinkoshin.jpg

オシンコシンの滝。
半分以上は凍結してました。

20時すぎウトロに到着。
先にフェリーで来ていた旅人と合流。

この旅人とは、8、9年前のバイクツーリング時に
ここウトロで知り合い、それ以来交流が。

記念すべき出会いの場で、感動の再会!?
40近いオヤジふたり、宴会突入です

明日はいよいよ感動の流氷観光&北海道初スキー!!

つづく…