11-12シーズン総括

11-12シーズンの総括を

例年通り、10月にイエティでシーズンイン、
5月にかぐらで滑り納め。
約7か月間のシーズンで
総滑走日数は26日。

全部並べてみると…

1.10/27 イエティ
2.11/10 イエティ
3.12/8 丸沼
4.12/15 丸沼
5.12/22 富士見パノラマ
6.12/30 奥利根(ナイター)
7.1/1 ノルン(ナイター)
8.1/2 奥利根(ナイター)
9.1/4 ノルン(ナイター)泊
10.1/5 宝台樹→奥利根(ナイター)
11.1/12 かぐら
12.1/19 岩鞍
13.1/26 かぐら
14.2/2 苗場
15.2/9 舞子
16.2/16 石打→ノルン(ナイター)
17.2/23 かぐら
18.3/1 かぐら
19.3/8 ピラタス蓼科
20.3/22 かぐら
21.4/5 かぐら
22.4/12 かぐら
23.4/19 谷川岳
  4/26 かぐら・GALA(全面運休
24.5/10 かぐら
25.5/17 かぐら
26.5/24 かぐら

泊まりは1/4~1/5の一度のみで、
あとはすべて日帰り
今シーズンもよくもまあ、
日帰りで頑張りました。

本格的にシーズンインした12月から振り返れば、
休んだのは3月のヘルニア悪化で2週、GWで1週くらいなもの。

私の本職知っている人には、
想像もつかない暴挙かも!?

まあ、それはいいとして、

滑走日数別で見ると…

1.10日 かぐら
2. 3日 ノルン・奥利根 
3. 2日 丸沼・イエティ
4. 1日 宝台樹・富士見パノラマ・尾瀬岩鞍・
    苗場・舞子・石打・ピラタス・谷川岳

やはり圧倒的にかぐらが多い。
シーズン長いし、
様々な条件で楽しめるから当然かな。


そして、今シーズンの新・三大ニュース。

1.ロッカー2が新板として加わり、
 パウダー、プチバックカントリーと滑りの幅が広がった。

2.2月の片山デモのレッスンで基礎スキーの引導を渡された

3.3月にヘルニア悪化でシーズン終了の危機→なんとか乗り切る


最後に来季の展望
年々、基礎スキーのレベルアップには、
体力的、技術的に限界を感じている今日この頃

年も年だし、
来季もパウダーやバックカントリー寄りにシフトしていきそう。
ガツガツと本数を滑るより、
価値のある一本を楽しく滑る方向へ

とか言っておきながら、
血眼になってリフト終了まで、
パウダーガツガツ滑りそうだけど

スポンサーサイト

かぐらスキー場 5月24日 ~シーズン26日目~

5月24日 かぐらスキー場 天候 晴れ

かぐらも残すところ、あと4日!
そして、自身はこの日でファイナル

仕事の関係で、のんびり9時すぎにロープウェイ乗車。

120524_mitsumata3.jpg
ロープウェイ降り場周辺。

120524_mitsumata4.jpg
ファミリーは狭い所あり。
最終日まで持つかな?

120524_mitsumata1.jpg
ゴンドララインは余裕あり。

120524_mitsumata2.jpg
ここもばっちり。
ゴンドラコースもたっぷりあった。

120524_kaguramain.jpg
朝のメインの様子。
久しぶりにスッキリ晴れにあたったぞ

今シーズン初!
「暑い!暑い!」
と言いながらのスキーに

120524_teku.jpg
テクニカルは終了~!

1本メインを滑った後、
ジャイアントへ。

120524_giant1.jpg
滑り出しのところは、
だいぶ土が出てしまったけど、
まだ大丈夫!

120524_giant3.jpg
最後の斜面の手前。
今年は圧雪して、
雪を維持してくれている。

120524_giant2.jpg
そう言えば、去年はここを板を外して
歩いたっけ

腰の方はまずまず快調。
もちろん、痛み止めにコルセットは、
手放せないけどね。
でも、シーズン終了間際になって、
コブに入れるまでに回復してくれたことに感謝

昼休憩、今日も生ビールが入る

あちらこちらで、
「また来シーズン!」
の声が聞こえる

午後、疲労とアルコールでダメダメか…
と、思いきや、
なぜか快調

120524_main2.jpg
メインは降雪機側にコブラインが出現。
午後には手強い感じに

シーズン最後の雪の感触を
ひとコブひとコブ確かめながら滑る。

15時半、そろそろタイムリミット。

120524_kaguramain2.jpg
天気も良いせいか、
みんなまだまだ頑張っている。
最後だもんね。

半年間、楽しませてくれたメインゲレンデをバックに
記念写真を撮り下山

また、来季、良い雪に巡り合えますように!

かぐらスキー場 5月17日 ~シーズン25日目~

5月17日 かぐらスキー場 天候 くもり

駐車場に8時到着。
天候の悪かった先週より、だいぶ人が多い。

1便は混みそうなので、2便を狙って乗車口へ。
ところが、思いのほか人が多く、
2便も乗れず3便に

120517_mitsumata1.jpg
ロープウェイ降り場から。

120517_mitsumata2.jpg
幅は狭いけど、高さは結構ありそう。

120517_kekuni.jpg
テクニカルは寸断寸前

120517_main.jpg
メインはまだたっぷり。

120517_gaiant2.jpg
2本メインを滑ってからジャイアントへ。


120517_gaiant.jpg
先週は人もラインも少なく、コブも浅かった。
この日はほぼ全面コブがあっていい感じ。

120517_gaiant3.jpg
下部は圧雪してあった。
ここはいつも早めに土が出てしまうから、
それがいいのかも

午前中は薄曇り。
コブに入るとさすがに少し暑くなるけど、
暑すぎずちょうどいい具合。

先週に続き、腰を心配して恐る恐るだけど、
ゆっくりなリズムのコブなら何とかいけた

120517_rest.jpg
お昼は奮発してステーキ。
ビールも我慢できずに頂く
これで午後はグダグダ決定

たっぷり休憩をとって、
午後の部へ。
空気は急にひんやりしてきていて、
寒いくらい。

アルコールが入った上に、疲れもたまり、
やっぱりグダグダ。
踏ん張りがきかない。

カメラを持ち出し、
休憩を取りながら滑る。

14時すぎ一時的に雨が。
すぐにやんだのと、リフトに乗っていたので、
ほぼ影響なし。

15時、脚、腰ともに限界に達し、
終了に!

120517_mitsumata3.jpg
帰りのみつまた。
誰もいな~い!
一部狭いところあるけど、
来週も大丈夫でしょう!
希望的観測

さあ、いよいよ来週は滑り納めだ



かぐらスキー場 5月10日 ~シーズン24日目~

5月10日 かぐらスキー場 天候 曇りのち小雨

120510_main.jpg

先週はGWでスキーお休み、
先々週は悪天候による全面運休
その前は谷川岳…と言うことは、
一カ月ぶりのかぐら!!

120510_mitsumata.jpg
ロープウェイは8時30分の始発に乗車。
みつまたはこんな感じ。

120510_mitsumata1.jpg
果たして最終週まで持ってくれるか!?

かぐらはまだ積雪十分!
でも、この一カ月でだいぶ積雪は減った。

一本目はメインへ。
いつもの様にウネウネの圧雪斜面
飛ばすと腰にひびく

ところで、5月からの課題…
それは、もちろんコブ!

4月まではコブを回避して、
プチバックカントリーで楽しめた。

しかし、5ロマも終了、積雪も減り、
いよいよコブを避けられぬ時期に

時間が経つほどコブは深くなり、
腰もダメダメになると判断し、
二本目から早々にテクニカルへ突撃

コブは浅いせいか、
いい感じ!

ひねったとこでドスンと衝撃受けると
やな感じだけど、
3月の最悪の状態を考えると夢のよう!

コブを2、3本滑ったら腰が終了するかと思ったけど、
結構いける。

10時すぎガスってきて視界不良に。
でも、コブなら滑走に支障なし。
その後、雨がぱらつき始める。

そして、なんと第一高速降り場は雪に
GW中に雪がチラチラ来たことはあるけど、
明けてからは初めての経験かも。

春スキー仕様のウェアでは寒い
今シーズンは一日も春スキーのポカポカ陽気に当たってないぞ。

11時頃にはガスもとれて視界良好に。
午前中は何だかんだと、
ジャイアントとテクニカルでコブ三昧。

午後はアルコールが入って、
グダグダだったけど
それでもコブを数本。

雨が強くなり、15時前にはメインゲレンデを後に。

さて、明日もかぐらへ出撃。
いよいよ今シーズンもラスト2日!



かぐらを目指して終了 ~シーズンノーカウント~

4月26日 湯沢へ行っただけ 天候 大雨


事前に天候不良とわかっていたこの日

予報はダメでも、意外と天気良いかも!?

なんて思いつつ、東京で悶々とするのは耐えられないので、
とりあえず、行ってみることに!

東京出発時はくもり…
しかし、群馬、新潟に近づくにつれて雨は強くなる。
関越トンネル手前ではいよいよ本降りに。

それでも、もしかしたら、
トンネル抜けたら晴れてるかも!?

あくまでプラス思考!!

アクセル踏む足を緩めることなく、
東京から休憩なしで湯沢を目指す

しかし、トンネルを抜けた新潟側も大雨

ここで、ようやくかぐらのHPをチェック。
全面運休を知る

もっと早く調べるべきだった。
湯沢ICを降りて、作戦会議。

神立は土日だけのよう、奥只見は遠いなぁ…
GALAへ行ってみる。

あぁ、やっぱり全面運休…

再び湯沢から東京方面へ。
丸沼は営業中の情報
しかし、一度は目指すも、
谷川岳PAでどしゃ降りにあい、
同行者の心が折れる。
このまま温泉に入って帰ることに。

しかーし、こんな朝早くからやっているところも、
見つからずじまい。

せっかく来たので、
草津でもと思ったけど、
同行者の同意も得られず、
とぼとぼと東京へとんぼ返り。

今になって、よくよく考えてみると、
途中の関越、スキー・スノボらしい車は少なかったな…

当然だよね…。
普通だったら行かない状況だよね…。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。